そのメイク、実は目が小さく見えてます!残念過ぎる「逆デカ目メイク」3パターン

目次

1.アイシャドウの締め色を広く入れ過ぎる

アイシャドウは広めに塗った方が目が大きく見えると思っていませんか?

実はアイシャドウの締め色を二重幅にまで広範囲にいれてしまうと、二重幅が隠れてしまい、目が小さく見えてしまいます。

そのメイク、実は目が小さく見えてます!残念過ぎる「逆デカ目メイク」3パターンの2枚目の画像

また、下まぶたにも締め色を広範囲でいれると、クマのように見えて目元が暗い印象に。

そのメイク、実は目が小さく見えてます!残念過ぎる「逆デカ目メイク」3パターンの3枚目の画像

アイシャドウの締め色は、目のキワにいれると二重幅が潰れることなく目が大きく見えますよ。

2.アイライナーを太く入れ過ぎる

上まぶたのアイライナーを太く入れ過ぎると、アイシャドウの締め色同様、二重幅が潰れてしまい目が小さく見えてしまいます。

そのメイク、実は目が小さく見えてます!残念過ぎる「逆デカ目メイク」3パターンの4枚目の画像

加えてマスカラも見えづらくなってしまい、結果として目が小さく見えてしまいます。

そのメイク、実は目が小さく見えてます!残念過ぎる「逆デカ目メイク」3パターンの5枚目の画像

アイライナーはまつ毛のすき間を埋めるように描き、目尻より5mmほど長く引くとデカ目効果がアップします♡

3.下まぶた全体にガッツリアイライナーを引く

濃いリキッドライナーで下まぶたの目頭までアイライナーを引いてしまうと、目元が引き締まり小さく見えてしまいます。

そのメイク、実は目が小さく見えてます!残念過ぎる「逆デカ目メイク」3パターンの6枚目の画像

また、リキッドアイライナーのくっきり感が悪目立ちしてちょっと怖い印象にも見えてしまいがち。

そのメイク、実は目が小さく見えてます!残念過ぎる「逆デカ目メイク」3パターンの1枚目の画像

下まぶたにもアイライナーを引く場合は、ペンシルライナーなどで目尻の目のキワにのみ引くと、やわらかな印象になります。

逆効果な逆デカ目メイクテク3選をご紹介しましたが、いかがでしたか?

すぐにできる簡単なものばかりなので、ぜひみなさんも試してみてください♡

関連記事