時間をかけるほどブス眉になる!?プロが教える「今っぽ眉メイク」力の抜きどころ

目次

今っぽ顔を作る!眉メイクの力の抜きどころとは?

今っぽい眉を作るには、適度に力を抜く部分を作ることが必要なんです。でも、力を抜きすぎるとだらしない印象になってしまいそう…そんなお悩みを解消する方法を詳しくご紹介します!

1:眉の輪郭は縁取らない

今の眉メイクで大事なのは、ふさっとした自然な毛流れを作ること。どんなにキレイなシルエットの眉毛でも、アートメイク直後のような、くっきり縁取り眉毛はNG。

時間をかけるほどブス眉になる!?プロが教える「今っぽ眉メイク」力の抜きどころの1枚目の画像

描くときのポイントは、力を入れずに自分の眉毛をなぞるようにして描き足していくことです。

今どきのアイブロウペンシルは、どれも発色が良いものばかり。筆圧を入れる必要は全くありません。

眉の輪郭をハッキリさせてしまうと、のっぺりとした顔立ちに見えてしまうので要注意!

時間をかけるほどブス眉になる!?プロが教える「今っぽ眉メイク」力の抜きどころの2枚目の画像

同じく大切なのが、眉毛のぼかし作業。アイブロウペンシルや、アイブロウパウダーで眉毛の形を作った後は、スクリューブラシで眉毛をとかすようにしながら、眉毛の輪郭を丁寧にぼかしていきます。

この時、ブラシを左右にゴシゴシと動かしがちですが、それではせっかく描いた眉毛が消えてしまいます。ぼかしたい部分にブラシを優しくおいて、スッとなぞるだけでOK。

キリッとした眉の輪郭が柔らかい印象になり、毛流れが引き立つようになります。

2:眉頭は強く描かない

時間をかけるほどブス眉になる!?プロが教える「今っぽ眉メイク」力の抜きどころの3枚目の画像

眉毛をナチュラルに見せるには、濃淡を付けてあげることが必須条件です。眉頭は薄く、眉の中央から眉山に描けては濃くなるように色を乗せると、自然な印象に仕上がります。

眉頭に色を乗せるときは、明るい色のアイブロウパウダーを使い、地肌に触れるか触れないかくらいの優しい力加減で色を乗せていきます。眉毛がしっかり生えている人は、ほんの少し色を乗せる程度にとどめて。

眉毛全体を色で埋めるのではなく、もとの生え方に合わせて色の乗せ方を変えていきましょう。

3:左右揃えるのは、眉頭と眉山の高さのみ

時間をかけるほどブス眉になる!?プロが教える「今っぽ眉メイク」力の抜きどころの4枚目の画像

眉毛を左右対称にしようとして、どんどん太くなってしまった経験はありませんか?

そもそも、眉毛の生え方に左右差があるのは、ごく自然なことです。筋肉の付き方や、まばたきの仕方で、眉毛の位置が変わってしまうこともあります。

完璧にそろえようとするのではなく、左右の差を縮めるようなイメージで眉毛を描いていくことが大切です。

左右差が無いように見せるポイントは、眉頭の位置と、眉山の高さを合わせること。この2つの位置がそろっているだけで、人から見た時は、ほとんど差がわかりません。

いつも眉毛が太くなってしまうという人は、この2ヶ所を揃えることだけを意識してみると、ナチュラルな今っぽ眉に近付けます。

ポイントをおさえて、今っぽい自然な眉毛を手に入れよう!

眉毛は難しいパーツだからこそ、あれもこれもと付け足したくなってしまうもの。

今っぽいカジュアルな印象の眉毛を描きたい人は、ぜひ今回の記事を参考に、力の抜きどころを覚えてみてくださいね!

関連記事