整形級に目が大きく見える♡デカ目が叶う4つのアイメイクテクニック

目次

整形級に目が大きく見える♡デカ目メイクテクニック

整形級に目が大きく見える♡デカ目が叶う4つのアイメイクテクニックの1枚目の画像

今回は整形級に目が大きく見える「デカ目メイクテク」を詳しく解説します。

目を大きく見せたい人はもちろんのこと、いつも同じアイメイクになってしまいマンネリを感じている人もメイク方法をブラッシュアップしてみては?

それではさっそくチェックしていきましょう!

憧れのデカ目を手に入れて♡ついでに立体感も出せるメイクテクを伝授!

整形級に目が大きく見える♡デカ目が叶う4つのアイメイクテクニックの2枚目の画像

【1】S字アイライン

みんなの憧れ・正統派美人さんの目は「アーモンドアイ」。目頭と目尻がきゅっとしていて、中央はふっくらとした形です。

アーモンドアイに近づけるためには、「S字」を意識してアイラインを描くのがポイント。

S字に描くと目そのものが前に出ているような錯覚から、目をクリっと見せます。

【2】目頭アイシャドウ

目を大きく見せるためには「立体感」がポイント。色の明暗を上手く使い分けて、自然な彫りを作りましょう。

目頭から「明→暗→明」という陰影をつけると、目から鼻の距離が縮まって外国人のような彫りが深い目元になります。

また鼻の付け根に影が入ることでキュッと引き締まり、鼻が高く見えて一石二鳥です♡

【3】立体アイシャドウ

眼球が奥まって見えて目が腫れぼったい印象になる「奥目」。

デカ目に見せるには、眼球が前に出ているように錯覚させる「立体アイシャドウ」がポイントです。

まぶたの両サイド・目頭と目尻側にはダークな色を入れ、まぶたの真ん中には明るい色を入れましょう。目に丸みと立体感が生まれます。

色と色の境目はしっかりぼかさないと不自然になるので要注意!細かくギザギザなぞるように、暗い色と明るい色の間をぼかしましょう。

【4】隠しラメシャドウ

【3】でまぶたの中央に入れた明るい色の上に、キラキラ光るラメをさりげなくON!

目を開けたときに見えるか見えないかくらいの「隠しラメシャドウ」はデカ目効果だけでなく、顔全体を華やかに見せてくれます。

下まぶたの中央にもラメを少しつけると「レフ版」効果で黒目に光が入って、さらにデカ目効果がUP!ピュアな印象も倍増しますよ♡

Before→Afterをチェック!

整形級に目が大きく見える♡デカ目が叶う4つのアイメイクテクニックの3枚目の画像

ちょっとしたテクニックでこんなに変わります!

錯覚効果で目幅が大きくなって、目鼻立ちもクッキリしました。

手持ちのアイシャドウパレットとアイラインがあればすぐに実践できます。さっそく試してみてくださいね!

イラスト:あおいみのこ

「#デカ目効果」の記事をもっと見る

関連記事