整理収納アドバイザーが「手放して暮らしが快適になったモノ」

目次

炊飯器

整理収納アドバイザーが「手放して暮らしが快適になったモノ」の2枚目の画像

夢のマイホームでしたが、思ったより狭かったキッチンの背面カウンターをスッキリさせたかった、というのが炊飯器を手放した理由です。

もうひとつ、炊飯器の保温機能を使うことがなかったので、「ご飯を炊くのに炊飯器じゃなくても良いかも?」と思ったことも後押ししました。

今は圧力鍋でご飯を炊いていますが、炊飯器より圧力鍋の方が早く炊けてとっても美味しいのです。炊飯器を置いていたキッチン背面カウンターもスッキリ!炊飯器を手放して大正解でした。

トースター

整理収納アドバイザーが「手放して暮らしが快適になったモノ」の3枚目の画像

トースターはパンを焼くだけではなく、ちょっとしたおかずも作れるので一台持っていると便利です。

しかし、我が家はパンを焼くだけだったので「パンを焼くだけだったら、トースターじゃなくてもいいのでは?」と思いきって手放しました。

結果、大正解!トースターの掃除から解放され、キッチンスペースもスッキリ!

手放して暮らしが快適になりました。パンを焼くだけであればIHコンロのグリルやフライパンで十分おいしく焼けますよ。

電気ケトル

整理収納アドバイザーが「手放して暮らしが快適になったモノ」の1枚目の画像

少量のお湯がすぐ沸く電気ケトル。一人暮らしの時はとても便利に感じていましたが、結婚して暮らしが変化すると大量のお湯を沸かすことができるほうが便利になってきました。

「電気ケトルもなくても生活できるかも?」そう思って手放すことにしました。

我が家は夫婦そろって、コーヒーを淹れて飲む時間を大切にしているので、デザインが気に入ったコーヒーポットを購入、少しの量の時はコーヒーポットでお湯を沸かしています。早く大量のお湯を沸かしたい時はお鍋を利用。

保温ポットに沸騰したお湯を入れておけば、あたたかい飲み物をすぐに飲むことができるので、電気ケトルがなくても何も不自由なく生活できることを実感しています。

整理収納アドバイザーが「手放して暮らしが快適になったモノ」の4枚目の画像

いかがでしたか?

手放して暮らしが快適になったモノ3つをご紹介しましたが、価値観は様々、暮らしは十人十色です。

大切なことはモノをもつ目的です。どういう暮らしがしたいのか、そのためには何が必要なのか、本当にお気に入りのものを大切にもつ暮らしをしていきたいですね。

皆さんももしかしたらあたり前のようにあるけど、なくても大丈夫なモノがあるかもしれません。ぜひ、あたり前を疑って、快適な暮らしをみつけてくださいね。

「#断捨離」の記事をもっと見る

関連記事