夏疲れ肌のレスキューにはコレ!プロが教える「お助けコスメ」の選び方

目次

日焼け肌にも秋冬の乾燥にも対応「保湿型ビタミンC化粧水」

夏疲れ肌のレスキューにはコレ!プロが教える「お助けコスメ」の選び方の1枚目の画像

紫外線によるダメージを受けた肌のケアに取り入れたいのが、ビタミンC。ですが、ビタミンCは刺激を感じたり乾燥を招いたりすることも少なくないため、コスメ選びは慎重に行いたいところです。

特に、秋に向かう季節の変わり目は、蓄積したダメージや、朝晩と昼間の寒暖差によるダメージで、デリケートになりがちです。

この時期に取り入れるなら、マイルドな使用感で、保湿力のあるビタミンCコスメがよいでしょう。

夏疲れ肌のレスキューにはコレ!プロが教える「お助けコスメ」の選び方の2枚目の画像

「&be ハイコンセントレイトVCミスト」(60ml 税込1,980円、120ml 税込3,080円)は、美容液としても使えるほど濃密なミスト化粧水。日焼け肌のケアにはもちろん、秋冬の乾燥にも負けない保湿ケアまで叶います。

お風呂上がりや洗顔後にシュッとスプレーしておくだけでスキンケアが充実するので、1本あるととても便利なアイテムです。

お疲れ肌に素早く寄り添う「ゆらぎケア美容液」

夏疲れ肌のレスキューにはコレ!プロが教える「お助けコスメ」の選び方の3枚目の画像

乾燥や紫外線で肌がゆらいでいるとき、トラブルが起こりやすいときは、敏感肌向けのコスメを使いたいところ。保湿するだけでもOKですが、一歩踏み込んだお手入れをしてみてはいかがでしょうか。

アユーラ「リズムコンセントレートα」(40ml 税込8,800円)は、肌のコンディションを整えてくれる美容液。強い生命力を誇るコウヤマキのキスが配合されており、ダメージが気になる肌をしっとり包みこみ、健やかなもっちり肌へと導きます。

夏疲れ肌のレスキューにはコレ!プロが教える「お助けコスメ」の選び方の4枚目の画像

すぐに頼もしさを感じられるその実力に何度も驚かされており、筆者はコンディションの低下が気になると、この美容液を必ず使うようにしています。肌の調子が下がり気味なときこそ、その実力を感じやすいでしょう。

スキンケアの最後に塗るだけでぷりっと「洗い流さないマスク」

夏疲れ肌のレスキューにはコレ!プロが教える「お助けコスメ」の選び方の5枚目の画像

普段のスキンケアでは肌に満足できないときは、スキンケアの最後にプラスワンのお手入れを加えてみてはいかがでしょうか。

シートマスクや美顔器などの特別なお手入れが苦手な方でも、最後に塗るだけなら簡単にスペシャルケアを実現できます。

夏疲れ肌のレスキューにはコレ!プロが教える「お助けコスメ」の選び方の6枚目の画像

ビービーラボラトリーズ「スリーピングモイストジェルマスク」(税込5,720円)は、夜のスキンケアの最後にプラスする洗い流し不要のジェルマスク。5つの発酵エキスやプラセンタ、3種のセラミドなど豊富な美容成分を配合し、うるおいと弾力にあふれる肌に整えます。

ベタつきのない軽やかなジェルなので暑さの残る時期でも使いやすく、心地よいスキンケアを実現できます。

どのアイテムも夏の疲れやトラブルが気になるときに活躍するものばかりです。ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事