衣替え前にチェック!“本当に使える”クローゼットを作るコツを整理収納アドバイザーが教えます

目次

1.衣替えのその前に

衣替え前にチェック!“本当に使える”クローゼットを作るコツを整理収納アドバイザーが教えますの1枚目の画像

これから着るシーズンの服を出す前に、少々お待ちを!

せっかくなら今まで着ていたシーズンの服の整理がおすすめですよ。

なぜなら着た服・着なかった服の記憶がまだまだ鮮明なので、本当に自分にとって必要か不要かの判断がしやすいのです。

不要な服をいつまでもクローゼットに眠らせておきたくはないですよね。さてそれではお手持ちの服を順番に見ていきましょう。

衣替え前にチェック!“本当に使える”クローゼットを作るコツを整理収納アドバイザーが教えますの2枚目の画像

まずはシンプルに着た服と着なかった服に分けます。

着た服

衣替え前にチェック!“本当に使える”クローゼットを作るコツを整理収納アドバイザーが教えますの3枚目の画像

状態の良いものはきちんと洗濯をして来シーズンのために収納しましょう。

ここでチェックしておきたいのは、たくさん着てヨレヨレになってしまったモノがないかです。

来シーズンも着られるモノはしっかりお手入れをしてきれいな状態にしておきます。筆者はTシャツなら煮洗い、ニットなら毛玉取りなど、しまう前には普段の洗濯+αのお手入れをしています。

来シーズンに着るのがためらわれる傷みの激しいモノは、ありがとうの気持ちを持ってこのタイミングで手放しましょう。

着なかった服

衣替え前にチェック!“本当に使える”クローゼットを作るコツを整理収納アドバイザーが教えますの4枚目の画像

今シーズン着なかった服は“どうして着なかったのか”一度理由を考えてみるといいでしょう。

“シミが付いていたから”などのわかりやすい理由があるモノから“袖を通したけれど似合わなくてやめた”モノまで色々あるかと思います。

今シーズン着なかった服は来シーズンも着ないことがほとんどです。そのまま持っていても収納スペースを圧迫するだけなので、潔く手放すことをおすすめします。

迷ってしまう場合は、実際に鏡の前で一度着てみると判断しやすいですよ。

気持ちよく手放そう

衣替え前にチェック!“本当に使える”クローゼットを作るコツを整理収納アドバイザーが教えますの5枚目の画像

とはいえせっかく買った服、なかなか手放せない方もいるかと思います。でも本当にもったいないのは使わずにしまい込んでおくことではないでしょうか。

また収納スペースを使わないモノに占領されることもやはりもったいないですね。

まだ着られるモノであればリサイクルショップに持ち込んだり、フリマアプリで売ったりと、着てくれる方に譲りましょう。人に譲れるような状態でなければ、古着回収など資源としてリサイクルに出したり、お掃除のウエスとして使うこともおすすめです。

必ずしも“捨てる”ことだけがモノを手放すための方法ではないので、ぜひご自分に合った方法でクローゼットをスッキリさせて新しい季節のファッションを楽しんでくださいね。

「#衣替え」の記事をもっと見る

関連記事