そのメイク、顔が大きく見えてない?「丸顔さんのNGメイク」

目次

そのメイク、顔が大きく見えちゃう!「丸顔」さんのNGメイクポイントを解説

メイクは毎年トレンドが変わるから、巷で話題のメイク法をマネして流行を追う大人女子も多いはず。でもトレンドメイクは必ずしも正解ではないんです。

もしかしたらそのメイクが顔を大きくみせているかも?!今回は「丸顔」さんにフォーカスして、顔を大きく見せる「NGメイク」のポイントを解説します。

逆にポイントをおさえればメイクするだけで小顔見せが叶いますよ♡さっそくチェックしてみましょう!

NGポイント①【短すぎる眉】

丸顔さんはフェイスラインが丸みを帯びているので、眉を短めに描いてしまうと「顔の余白」が目立ってしまいます。顔の余白が目立つと顔が大きく見える原因に。

丸顔さんの女性らしい雰囲気を生かしつつ小顔に見せるには「曲線の長めアーチ眉」がオススメ。長めに描くことで顔の余白が少なく見えます。また幼い印象を軽減し大人っぽく見せる効果も♡

眉山はくっきりと濃く描くとキツイ印象になるため、ふんわりと丸みを意識して描くのがコツです。また眉山を眉頭よりも高い位置に取ると顔に立体感が生まれ、眉山からあご先までの距離が長くなって「顔の縦幅」も強調できます。

NGポイント②【目を丸く見せるアイメイク】

丸顔さんが目の縦幅を強調するような「丸目メイク」をすると、顔の丸さが余計に目立ってしまいます。顔の縦幅を埋めるとともに、横幅には余白が生まれてしまうんです。

丸顔さんは「目の横幅を強調するアイメイク」で顔の丸さの印象を緩和させるのがポイント。二重幅に色を乗せたら、目尻の上下を囲むように色を重ね付けするのがオススメです。

同じようにアイラインも目尻側を長めに引くと◎目の横幅拡張とともに気になる余白をなくしましょう。

NGポイント③【まん丸チーク】

チークは「入れる位置」と「形」によって骨格を補正します。でも丸顔さんが頬の真ん中を丸くぼかしたチークを入れると丸さをより強調し、顔が大きくふっくら見えてしまうんです!

丸顔さんは、頬骨のあたりを中心に「楕円にチークを入れる」とフェイスラインがスッキリ見えします。頬の真ん中のみにチークと同系色のハイライトをはたくと、自然なメリハリで小顔効果を得ることもできて◎

入れ方のコツは頬骨の中心からこめかみへ、「斜め上」へブラシを動かすこと。顔全体が上方向に持ち上がって見えれば、シェーディングを入れなくてもフェイスラインがシャープに見えます。

NGメイク、いかがでしたか?丸顔さんは可愛らしい印象ですが、やや幼く見えてしまうのも時としてウィークポイントに。

顔全体は縦幅を強調し、目元は横長に見えるようにすれば小顔見せとともに大人っぽさもプラスできます。ぜひ毎日のメイクの際に参考にしてくださいね♪

イラスト:EccO212

「#NGメイク」の記事をもっと見る

関連記事