不器用さんが失敗しないコツはヘアクリップにアリ♡5分でできる今っぽクリップヘアアレンジ

コツはヘアアレンジの難易度を下げるヘアクリップを使うこと

髪の毛をヘアアレンジをするために沢山の道具がありますが、髪を留めるときに必要なピンやゴムなどの他にクリップがあります。

クリップは髪を留めるときに大きな開口で髪を掴み取るタイプでどんな髪質の人も使いやすいので、ヘアアレンジをする際に1つ持っておくととても役に立ちます。

それとクリップ自体のデザインがヘアアレンジのアクセントとなり、一気にお洒落な雰囲気を出すことが出来るのもうれしいポイントです。

クリップボブアレンジのやり方

① まずはヘアアレンジの前に軽く毛先をコテやアイロンで巻いておくようにして下さい。ボブの場合はアレンジの前にヘアアイロンで波ウェーブを作っておくと、その後のヘアアレンジが簡単になります。
髪を巻いた後はスタイリング剤を全体に馴染ませて、下準備完了です。

② 後頭部の部分をやや斜めに編み込み、もしくは三つ編みをして毛先をゴムで縛ります。
この時、後の工程でルーズさを出すためにゴムは緩めに結ぶようにして下さい。後頭部には奥行きをつけるために特に崩しが必要な場所になりますので、形を整える際には1番バランスを意識して行って下さい。

③ サイドの髪を先程作った後頭部の編み込みに添わせながら、ねじっていきます。ある程度ねじり終わったら毛先をピンで仮留めをしておきます。最後にクリップで固定するのである程度留まっていれば大丈夫です。

④ 反対サイドの髪もねじって先程作ったサイドの留めた部分で同じようにピンで仮留めをしておきます。こちら側のサイドは毛髪が多いパートになる為、一回でねじるのが難しい場合は上下2つに分けて、細かくねじって留めても大丈夫です。
やはり最後にクリップを使うので仮留め程度で大丈夫です。

⑤ 仮留めをしておいたピンの部分にクリップを根元から髪をすくって固定します。クリップは開口が大きく出来る&ホールド力が強いのでヘアアレンジが崩れにくくなるという効果もあります。

⑥ 最後にブロッキングごとに崩しを入れて立体的にバランスを整えていきます。先程言った通りに後頭部の部分は奥行きをだすためにしっかり目に引き出して、頭の形がよく見えるようにして下さい。

余った毛先も一度アイロンで外ハネに熱処理をすると、さらに全体的に立体感がまして垢抜けて見えます。

こちらのヘアアレンジは時間と共に少し細かい髪の毛がポロポロ出てくると思いますが、少し崩れた感じもこなれ感として成立するルーズなヘアアレンジになります。

簡単なのにこなれて見えるアレンジ、ぜひマネしてみて下さいね。

関連記事