メイク初心者さん絶対読んで♡一度覚えたら一生使える「基本のメイクのやり方」

目次

アイブロウ

眉が上手く描けない、はメイク初心者さんにダントツで多いお悩みです。

眉頭、眉山、眉尻のベストな位置を押さえるのが綺麗な眉を描く1番の近道!

すっぴんの眉の形に自信がない方も大丈夫!今までなんとなく描いていた方は一度型にはめてやってみると感覚を掴みやすくなりますよ。

眉を描く位置がわかったら、グラデーションになるよう色をのせていきます。

アイブロウパウダーは3色入りの物が多いので眉頭・中間・眉尻と徐々に濃くなるようのせると、のっぺりした眉になりにくく、眉メイクのクオリティがアップします。

アイメイク

メイクで重視する方が多いのがアイメイク。今回は、ベーシックなアイシャドウの塗り方、不自然にならないアイラインの引き方、失敗しにくいまつげの上げ方をご紹介します。

アイシャドウのグラデーションはやっている方も多いはず。実際どこまで塗ったら良いのかわからない方は、こちらの画像を参考にしてみてください。

思っていたよりも濃くなってしまった、ムラになってしまったなんて場合は、上から1番明るい色を再度のせれば簡単に誤魔化すことが出来ますよ♡

アイラインを引く角度が難しい方は、上まぶたのカーブに沿って目尻の皮膚を少し引っ張りながら引くと自然なラインを描くことが出来ます!

ビューラーをする際に失敗しがちなのはまつげがカクンと曲がってしまうこと。

一箇所に力を込めすぎると直角まつげになってしまうので、優しい力で滑らすように挟むのがポイントです。初心者さんは肘を上げずに、真下にビューラーを滑らせていくと失敗しにくいです!

チーク

チークをブラシにとったままダイレクトに頬にのせるのは、つきすぎて不自然見えにつながるのでNG!

一度手の甲やティッシュに馴染ませ、ブラシ全体にチークを行き渡らせるとふんわりした発色になり失敗しにくいです。

ブラシを最初に置いた箇所が1番濃く発色するので、可愛く見せたい・大人っぽく見せたいなど、なりたい雰囲気に合わせてスタート地点を変えるのがポイントです。

リップ

ムラなく綺麗にリップを塗るには、スキンケア時にリップクリームで保湿するのを徹底しましょう!

その後、実際にリップをのせる前にしっかりティッシュオフすることで、縦ジワや色ムラが無い綺麗なリップに仕上がります。

リップメイクのクオリティをアップさせる方法は、意外と見落としがちな口角までしっかりと色をのせること。それだけで口角も上がって見えて、印象も良くなります。

細かい部分が塗りにくかったりはみ出してしまう方はリップブラシを使用するか、チップタイプのリキッドリップを使うと簡単ですよ♡

メイク初心者さんはこれさえ押さえておけば大丈夫!すぐに試せるテクばかりなので是非やってみてください♡

関連記事