モテない男の5つのお金のNG行為

女性同士でよく話題になる、「モテない男」論。思わず「あるある!」と言いたくなるものから、極端すぎてにわかには信じられないものまで幅広くあります。そのなかから、今回はモテない男のお金に関するNG行為について、5つ紹介します。

目次

モテない男のお金のNG行為1:節約家すぎる 

モテない男の特徴は、不潔とセコイがツートップ。
お金関連で不潔なNG行為と言えば、お札を数える時に指をなめるクセ。とはいえ、キャッシュレス決済が普及して目にすることが激減したのは、本当にありがたく思います。
ですから、不潔関連のお金のNG行為は昨今あまり見ません。

しかし、セコイNG行為はいまだ多く見ることがあります。1円単位のワリカン、無料Wi-Fiのカフェに長居、飲み物はコンビニのプライベートブランド商品一択、自販機利用はNGなど。
お金のムダ遣いはいけませんが、いきすぎた節約は女性の心を冷やします。

モテない男の5つのお金のNG行為の2枚目の画像

モテない男のお金のNG行為2:ポイントにこだわる

モノやサービスの値段だけではなく、ポイントが付くかどうかも商品選びのポイント。ポイント還元はなしよりは有り、有るなら2%より10%のほうが嬉しいですよね。
とはいえ、デートの時にもポイント還元を前面に押し出すのは禁物です。

デートの場所は、雰囲気がいいから、食事が美味しいから、誘った女性が喜ぶと思ったからといった理由で選んで欲しいもの。
それを、ポイントがつくから、今日はポイント5倍デーだからと言われて連れていかれても、楽しさは半減してしまいます。
大切な二人の時間なのですから、おトクよりも相手が喜ぶことを重視して欲しいですね。

モテない男の5つのお金のNG行為の3枚目の画像

モテない男のお金のNG行為3:お金を使う時に言い訳ばかり

では、お金払いがよければモテるかと言うと、そうとは限りません。
お金を払う時に何かと言い訳がましい人がいますが、女性にはモテないなと思わずにはいられません。本人は、きっとお金を使う理由を言っているだけだと思っているのでしょうか。

付き合いを断れなかったから、限定商品だったから、仕事で必要だから、仕方なかったからなど、言い訳めいた理由ばかりだと聞いているほうもウンザリ。
買いたいならサッサと買えばいいのに、と心の中で思われているかもしれません。

お金を使う時にいちいち理由を言うのは、お金を払ったことに自信がないように見えてしまいます。
必要なもの、欲しいものを買うことは、誰かに文句を言われる筋合いのものではありません。お金は自信をもって使って欲しいですね。

モテない男の5つのお金のNG行為の4枚目の画像

モテない男のお金のNG行為4:女性の必要経費を理解していない

男性には男性の、支出しなくてはならないものがあるでしょうが、女性にも女性ならではの必要経費があります。

化粧品やヘアサロンなどは、贅沢なメニューを除けば身だしなみのうちですし、エステやマッサージも身体のメンテナンスとして必要不可欠としている人も少なくありません。
職場や親戚間での女性同士のお付き合いも、情報交換のためには必要と言えます。

そのようなことにまつわる支出は男性には理解が難しいのかもしれませんが、無意味だとバッサリ切り捨てるような男性は、女性にモテることはないでしょう。
女性としての必要経費に理解を示してくれる男性は、その他のことについても女性のことをわかってくれそう。そんな男性を、女性は望んでいるのではないでしょうか。

モテない男の5つのお金のNG行為の5枚目の画像

モテないNG行為5:将来の目標が金額でしかない

将来の目標、夢を持って頑張っている人は男女に関わらず素敵です。
しかし、その目標が金額でしかない男性は、女性にガッカリされてしまうかもしれません。

たとえば、年収1000万円が夢とか、貯蓄1000万円が目標と言ったケースです。
年収がいくらかはとても大切なことですが、それ以前にどんな仕事をしたいか、どのような成果をあげたいか、といったビジョンがあるべきでしょう。
どんな仕事でもいいからとにかく年収1000万円、という目標には現実味が感じられません。

また、貯蓄1000万円が目標なら、何のための貯蓄なのかという目的があってしかるべき。
1000万円もお金があったらいろんなことが出来そうだから、といったぼんやりとした理由しかないままでは、せっかく貯蓄をしても有意義な使い方ができない可能性大です。

将来に向けて大きな目標を持っている男性は、一人の大人として魅力的です。
女性のことを大切にしつつ、将来の目標に向かって頑張っている姿は、きっと多くの女性の心を動かすでしょう。
そんな男性がますます増えて欲しいと思います。

関連記事