リキッド・パウダリー・クッション…20代女子の美肌を作る「ファンデーション」タイプ別6選。プロが伝授する塗り方ガイド付き!

ファンデーションのタイプは好みで選ぼう! 迷ったらリキッドタイプを
「どのタイプでもツヤを損なわないテクスチャーを選べば、『生まれつきこの肌でした』な印象を狙えます。最も簡単なのはリキッド。指で量を確認しながら塗ることで調節しやすく、ムラづきや毛穴落ちもしにくいんです」(ヘア&メイクpaku☆chanさん、以下同)
リキッドタイプの場合
「なめらかにのび広がり、ほどよくカバーしながらもツヤ感が持続するものが豊富。スキンケア成分INなのもうれしい」
(右)ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ SPF35・PA++(全8色)¥6000/パルファン・クリスチャン・ディオール
(左)ザ・ライトバルブ エッセンシャル オイル イン ファンデーション SPF45・PA+++(全12色)30㎖¥6000/シュウ ウエムラパウダリータイプの場合
「しっとり溶け込むようになじむテクスチャーへと進化! 特有の軽やかさと粉感ゼロの仕上がりを堪能して」
(右)微細パウダーが肌の凹凸を自然にぼかす。
エスト パウダーファンデーション シルキースムース SPF22・PA+++(全6色)リフィル9g¥5500・ケース¥1500/花王
(左)さらりとなじみ、汗・皮脂への耐久性も強化。
ホワイト パウダレスト SPF25・PA++(全6色)¥5000/アルビオンクッションタイプの場合
「リキッドやパウダリーに劣らず市民権を拡大中のクッションは、お直し用としても優秀。潤いを補給しつつカバー!」
(右)フローレス ルミエール ラディアンス パーフェクティング クッションSPF50・PA+++(全5色、3/4発売)15g¥5800/ローラ メルシエ ジャパン
(左)タン クラリフィック クッションコンパクト H SPF50+・PA+++(全3色、3/13発売)リフィル¥5200・ケース¥1300/ランコム塗り方のコツをリキッドタイプで実践!
順番と手つきにこだわって“ファンデーションべール”をかけるのがポイント。
1. 指の関節になじませる
下地後の肌にムラなくファンデーションの膜をかけるための事前準備。半プッシュぐらいの少なめの量を手の甲に出したら、指の第一関節部分を前後にスライドさせながら少量取る2. まずは頬の高い位置に点置き
下地同様、顔の中心ゾーンは薄くしたいので、頬の高い位置からスタート。点置き後、量を取り足さずに頬の内側から外側へと広げる3. 指の関節でトントン広げる
まずは肌悩みを気にせず、ごく少量をまんべんなく塗り広げて。指にファンデーションがなくなったら、手の甲から少量取り足す
4. フェイスラインをなじませる
顔全体に塗り広げたら、指に何もついていない状態でフェイスラインをなぞるだけ。すると髪のはえ際や首との境目の質感がなじむ5. 気になるお悩み部分には重ねづけ
“べール塗り”後、くまや赤みが気になる部分にだけ薄く重ね塗り。ほとんどの色ムラはここで簡単&自然にカバーが可能!
♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡

取材・原文/浪花真理子 撮影/横山創大(モデル) 橋口恵佑(製品) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/辻村真理

関連記事

今、あなたにオススメ