貯金をしていてよかったと感じる5つのとき

貯金をしていてよかったと感じる5つのときの1枚目の画像

今回は、20~30代の働く女性たちを対象に、どんなときに貯金していてよかったと感じるのか、聞いてみました。

Q.あなたは、貯金をしていてよかったなと感じることがありますか?

貯金をしていてよかったと感じる5つのときの2枚目の画像

はい:76.9%いいえ:23.1%

約8割の人が、貯金をしていてよかったと感じることがあると回答しています。では、どんなときに実感したのか具体的なシチュエーションを聞いてみました。

■病気になったとき

・「医療費に充てられたため」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「病気をして働かない期間ができたとき」(39歳/医療・福祉/専門職)

病気やケガのときには、治療費がかかるだけでなく、仕事ができなくなってしまうこともあります。そんなときに備えがあると、金銭面では安心できますね。

■仕事をやめたとき

・「転職する際に次の仕事が決まるまで収入がなかったため、貯金していてよかったなと思った」(35歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「転職で無職のとき、あせらなかった」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

今の仕事を辞めたいと思いながらも、お金を理由になかなか辞められないという人も多いのではないでしょうか?  貯金があることで、仕事をやめて転職活動に専念できたり、じっくりと会社選びができたという人もいるようです。

■急にお金が必要になったとき

・「急に家電が壊れたり、愛犬が病気になったときにすぐに対応できた。家族がパニックにならずに済んだ」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「急な出費を要することになったとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

冷蔵庫や洗濯機など、家電はまとまった額が急に必要になりますよね。そんなときも貯金があればスムーズに買い替えができます。また、お祝儀などを、貯金でカバーできたという意見も。

■自分の好きなことができたとき

・「仕事をして貯めたお金で旅行に行けた」(29歳/その他/その他)

・「趣味ができたので、我慢しなくても貯金があったからなんとかなった」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

自分がしたいことを我慢するというのは、思わぬストレスがかかるもの。がんばって働いたお金で車を買ったり、旅行をしたり、舞台を楽しんだり……。自分へのご褒美にお金を使えたら、満足ですね。

■安心感が持てたとき

・「通帳の残高を見て安心する」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「何かあったときに貯金があるというのは気持ちが安心する」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

特にさしせまったお金が必要なわけではないけれど、貯金があること自体で気持ちに余裕ができる、安心できるという意見も多くありました。

■まとめ

今回の調査では、約8割の働く女性が貯金をしていてよかったと思った経験があるようです。みなさん貯金をしている堅実な人が多いようですね。貯金がなかなかできないという人も、まずは自分の好きなことをするために貯めてみるのもいいかもしれません。

(松葉暁)

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年12月6日~12月7日調査人数:490人(22歳~39歳までの未婚の社会人女性)



関連記事

今、あなたにオススメ