令和の職場恋愛のルールとは

大人になるにつれて、出会う異性は身元不明のどこの馬の骨とも知れないようなやつばかり……。

そんな中で、確かな身元保証と、仕事ぶりや周囲からの人望までもを確認して付き合えるのが、職場恋愛。

人となりを十分に確認できるというメリットは絶大。しかし一方で、セクハラや個人情報の開示に厳しくなった令和だからこそアプローチの難しさも付きまとう。

本日はそんなイマドキの職場恋愛について解説していきたい。

■職場恋愛のきっかけあるある

通常、「仕事仲間」という関係性である職場での人間関係において、それが恋愛に発展するのはどのようなときなのだろう? 職場恋愛のきっかけには、下記のようなものがある。

◇(1)同じチームで仕事をしているうちに

同じチームのメンバーとして、ゴリゴリに同僚という関係性からのスタート。同じチームだからこそ、悩みを相談しやすかったりするもの。

そんな中で信頼関係が芽生える、理想的なパターンともいえるだろう。

◇(2)他部署だけど、社内で一目惚れ

チーム内で付き合うのはリスクも伴う。しかし、部署やチームが違って、仕事で直接関わる機会が少ない間柄ならば、もう少し気軽にアプローチもできる。

社内で見かけて一目惚れ……というナンパのような経緯でも、お互い身元が分かっているので安心だ。

◇(3)気分は友達! 同期入社!

職場恋愛とはいえ、同期入社のメンバーならば友達感覚。仕事仲間というよりは、一緒に研修を受けたり、飲みに行ったり、学生時代の友人のような感覚が強いのでは? 同期内は全員共通の知人、安心感もひとしおだ。

■職場恋愛の基本ルール4つ

安心感もある一方で、職場では気を付けなければならないことも多い。では、職場恋愛で守るべきルールとは何だろう? 普遍的なことから、今の時代ならではのルールまでを紹介する。

◇(1)職場内では、仕事関係の人として接する

当然のことだが、社内に彼氏彼女がいたとしても、会社には仕事をしに行くものである。

また、業務上関わりがあるとしても、きちんと仕事上のやりとりはビジネスライクにすべきだろう。周囲からの印象が悪くなる可能性もあるし、そもそも恋愛は恋愛。仕事は仕事である。

◇(2)嫉妬やけんかでギスギスしない

とはいえ、プライベートでけんかをしたら仕事上でもギスギスした空気を持ち込んでしまったり、あるいは、社内で彼氏が他の人と仲良くしゃべっているのを見て嫉妬してしまったりする人もいる。

職場恋愛でなければ仕事に影響は少ないが、職場で二人がギスギスしたり、「あの人としゃべらないで!」などと言うのは問題だ。恋愛でも気持ちを仕事に持ち込まないように気を付けよう。

◇(3)結婚するまでは秘密にする

付き合って早々に、それを周囲の人に公表したりするのはなんだか子どもっぽい。

「僕たち付き合っているので気を使ってください! 飲み会では席を隣にしてください!」とまでは言わなくとも、周囲も何となく気を使ってやりにくくなる。

周囲の人が仕事しにくくなるのでは迷惑だ。できるだけ、結婚するまでは秘密にするなど配慮したい。

◇(4)周りからセクハラと取られるような言動には注意する

各種ハラスメントに非常に厳しくなった昨今。ちょっとした言動がセクハラ認定されてしまうので、注意したい。

例えば男性社員が女性社員の容姿を褒めるとき、そもそも容姿について言及するということ自体がセクハラと取られることもある。

また、逆に特定の一人だけを褒めて、他の女性社員には声掛けをしないと、それもまたセクハラになることがある。

彼女だから褒めても問題ないでしょ……ではなく、職場ではセクハラと思われないため、あまり女性の容姿には触れない方が安全かもしれない。厳しい時代になったものだ。

■職場恋愛で上手にアプローチする方法と注意点

ここからは、職場恋愛を成就させるためのアプローチ方法についてお伝えしていく。

アプローチが難しいのが職場恋愛の特徴だが、相手の脈ありのサインは見逃すことなく、しっかりと確認していきたい。

◇(1)「デート」として誘っていることを伝える

職場恋愛では、まず二人で飲みに行こうと誘っても、ただ同僚として飲みに行くものと捉えられてしまう可能性が高い。

恋愛につなげたいと思っているとき、もしくは、二人で何度か飲みに行くうちに、恋愛に発展させたいと思ったときは「次はデートをしたい」と、明確に「同僚として」ではないことを伝えたいところ。

◇(2)インフォームドコンセントを取る

インフォームドコンセントとは、医師が患者に十分な情報を伝えた上での合意を意味する言葉である。

以前、会社の先輩がデートに誘ってくれた時、もちろん「デート」という言葉も使っていたが、さらに「インフォームドコンセントを取っておきたい」という表現を用いて、二人きりになることに同意するかしないか事前に聞いてきた。

男女関係なく、事前に同意を取らずに急に手を出すと、セクハラ認定されてしまうリスクもあるので、はっきりと何のために同意を取っているかを伝えることは自己防衛にもつながるだろう。

◇(3)ボディータッチは控える

職場恋愛でなければ、付き合う前に少しボディータッチをしてもさほど問題にはならないが(もちろん相手が嫌がっていないことが前提である)、こと令和の職場恋愛ともなれば話は別だ。

「付き合う」という同意を得るまでは、指一本触れないくらい、慎重になるべきだろう。

■周りに職場恋愛がバレた時にするべきこと

どれだけ隠すべきとはいえ、やはり職場恋愛はバレるもの。二人でデートする姿を目撃されたり、何となく以前と関係性が変わったことが見て取れたり。では、バレた時にするべきこととは?

◇(1)バレた時は、ごまかさず認める

職場恋愛を隠さなければ……! という一心で、「付き合っているの?」と指摘されたにも関わらず、「付き合ってない! ただの同僚!」などと嘘をついて隠す人がいる。

しかし、職場恋愛はバレるのが相場。潔く認めないと、ゴシップ性が増し、有ること無いこと噂されてしまいかねない。バレたからには周囲に告白して、公認カップルになろう。

◇(2)より一層、真面目に

職場恋愛をしていると知れると、それだけで「会社に遊びに来ているのでは」という見方をする人や、カップルの片方に過度に肩入れして、行動を監視する人などが出てくることがある。

仕事も真面目に、恋愛も真面目に。今まで以上に意識して取り組み、浮ついた印象を排除することで好感度が上がるだろう。

◇(3)結婚の決断は早めに

周囲からいろいろ言われるのは嫌なものだが、だからこそ「結婚」などの決断は早いに越したことはない。結婚するなら、あまりダラダラ時間をかけずにサッと決めることで仕事もできるスマートな印象になる。

また、しないならしないで、余計なうわさが立たないように「私たちに結婚願望はないので」と堂々と公言できるよう、カップル間で早めの打ち合わせが必要だ。

令和の職場恋愛は正々堂々と!

令和の職場恋愛のキーワードは「正々堂々」。アプローチ時には、目的をはっきりさせ、同意の取得を心掛ける。

付き合うことになったら真面目に、周囲にバレてもしっかり胸を張って説明できるように。

注意しなければならない点も多いものの、メリットも多い職場恋愛。おじけづかずに、正々堂々とチャレンジしてみてほしい。

(E子)

※画像はイメージです



関連記事

今、あなたにオススメ