女友達から彼女に昇格する方法

友達として付き合っているうちに、いつの間にかそこに愛情が芽生えてしまうことってよくあるパターンですよね。

そうすると「告白したら今の関係を壊してしまいそうで怖い」「友達としては仲良くできているけど、異性としてはどう見られているのか分からない」というお決まりの悩みが出てきたりするものです。

特に「女友達が多い男性」を好きになってしまうと、どうアプローチすれば良いのか分からなくなる人が多いようです。

今回は、「男友達を好きになってしまった問題」について書かせていただきます。

■アプローチする前に絶対確認しておくべきこと

まず、男友達へアプローチする前に確認しなければいけないことがあります。彼が「友達とは絶対に付き合わない」という信念を持っていないか、ということです。

女友達が多い男性というのはそれなりの理由がありまして、大体の人は気が利いて、マメで、誰にでも分け隔てなく優しくて、社交的な性格です。そうでもしないと異性の友達なんかたくさん作れません。

さらに、女友達が多いということは「女性に対してきっちりしている」ということを意味します。だらしない人は、すぐに女性と体の関係を持とうとするので、女友達と呼べる相手はあまりいない傾向にあるでしょう。

つまり、女友達が多い人はモテる条件がそろっているのです。そして、この「モテ」と「女友達の多さ」を両立できている人は、恋愛に対して美学みたいなものを持っていることも。それが前述した「友達とは絶対に付き合わない」という自分ルールだったりするのです。

気になっている彼がそんな美学を持っていた場合、残念ながら一度でも「友達」というカテゴリーに分類されてしまったら付き合うことは難しいです。理由は、彼の中では明確に「女友達と彼女候補は全く違う付き合い方をする」という自分ルールがあるからです。

彼の歴代元カノとのなれそめを調べれば、彼が女友達と付き合う人か付き合わない人なのか分かるはずです。これはアプローチする前に必ず調べてください。

ここをちゃんと理解しないまま片思いを続けると、気付いたら時間だけが経過し、それに焦ってダメもとで告白、そして彼からは「友達としてしか見れない」とフラれてしまうかもしれません。

■女友達と彼女候補との違い

そもそも、女友達と彼女候補ってどう違うのでしょうか。実は決定的な違いがあります。それは、「自分と似た人に惹かれるのが友達であり、異質なものに惹かれるのが恋人候補」ということです。

これ、冷静に考えればよく分かりますよね。恋愛感情って「もっとその人のことを知りたい」という異質なものに対する興味や欲求が根底にあったりするものです。

その「異質な部分」を知る過程で相手を好きになったり、異質な部分から自分と似たところを見つけることに喜びを見いだしたりするわけですから。

そして、この「異質なものに惹かれる」という部分に友達から恋人に発展するための最大のヒントが隠されているのです。

■男友達に意識してもらう一番効果的な方法

友達から彼女候補への昇格方法で最も有効なのは「女を見せる」という、これ以上ないくらいストレートな方法です。「女を見せる」方法はいくらでもありますが、中でも一番手っ取り早くて一番効果的なのは、見た目を変えることです。これはすぐにできるはず。

ここで大事なのは、見た目を「大きく」変えるということです。男性は基本的に、女性の少しの変化には気付けない生き物です。ネイルが新しくなったことになんか気付けないし、前髪を切ったとかも9割の男性は気付けないでしょう。

つまり割と大胆に、大きく変えることで、彼に「これまでと違う異質な部分」を感じさせる必要があります。

この前、女友達と会った時にいつもとは随分違う印象を受けたので、「なんかいつもと違う気がする」と言ったら、「日焼けしているように見えるチークをあえて入れているのと、濡れ感のあるポイントメイクをした」とさっぱり理解できない答えが返ってきました

僕は、メイクでこんなに印象が変わるんだ……と驚いたのですが、そんな「大きな変化が出せるメイク」が世の中にはたくさんあるはずです。髪型だっていくらでも変えられるし、何なら彼の好みに寄せてしまってもいいわけです。洋服もみんなと会う時と、彼とだけ会う時は思い切って変えてしまってもいいのです。

大事なのは「あれ? いつもと違うな」という違和感を抱かせることです。この違和感が「異質」となり「興味」になるのです。

■男友達を好きになったら気を付けること

男友達を好きになった場合、一番避けるべきなのは「長期戦」です。

定期的に友達として会う機会があり、彼の言動に一喜一憂することは実は非常に危険な状態です。何だかんだいっても片思いは楽しいし、恋人達が背負っている「お互いを敬う」とか「浮気をしない」とか、そんな責任も無いわけです。

当然、彼からの言葉で傷つくこともないし、傷つけることもない。それはとてもラクな関係で、結果長期戦になりやすい。だからこそ、必ず期限を設定してください。

その期限とは「告白する期限」であったり「好きでいることを諦める期限」でもあるのですが、この期限を絶対に守らないと「片思いし続けて5年目で告白するもあっさりフラれる」という結末が待っていたりします。楽しくてラクな片思いの代償としては大き過ぎます。

後悔の無い選択をしよう

男友達を好きになってしまう。それは、好きになったその瞬間に「友情の終わり」を意味します。男女間の友情のほとんどはいつか終わります。同性同士の友情に比べると非常に脆いものです。

周囲に何か思われたらどうしようとか、今の関係を崩したくないとか、そんな気持ちも分かるのですが、好きになってしまう気持ちは自分ではコントロールできないものです。そのことを念頭に置き、どうか後悔の無い選択をしていただければと思います。

(ウイ)

※画像はイメージです



関連記事