いつまでも「好きな人ができない」と言っている人の特徴

「好きな人ができない」と悩んだことはありませんか? どんなに恋がしたくても、好きな人ができなかったらどうしようもないですよね。

また、年齢を重ねるほどに恋愛の経験値が増えて、昔のようにときめかなくもなるものです。では、どうすれば好きな人ができるのか、対処法を解説します!

■約半数の女性が「好きな人ができない」と悩んでいる

https://twitter.com/hagiwriter/status/1318103910951702529

Twitterで女性を対象に「好きな人ができずに悩んだ経験はありますか?」というアンケートを取ったところ、「ある」と答えた人が47.6%で、「ない」と答えた人が52.4%でした。約半数の人が、好きな人ができずに困った経験があるようです。

このように、恋愛への興味・関心があれば、必ず好きな人ができるわけではありません。好きな人ができない理由を知り、適切な対処法を取っていくことが恋愛するための近道になります。

■「好きな人ができにくい人」に共通する特徴

実は、好きな人ができにくい人には、共通して以下のような特徴がある場合が多いです。

◇(1)恋愛が面倒だとどこかで思っている

「恋愛したいけど少し面倒かも」と考えている人は、自然と恋愛を避けるのであまり好きな人ができません。

恋愛自体への興味が薄かったり、今までの恋愛で苦労したりすると面倒くさがる傾向があり、なかなか恋ができなくなるでしょう。

◇(2)忙しくて余裕が無い

仕事などで忙しく、恋愛の優先順位が低くなっている場合もあるでしょう。恋愛以外の予定を優先するので、なかなか恋愛に時間を割くことができず好きな人もできないのです。

一方でこれは、日常生活において恋愛を「それほど優先しなくてもいい」という考えがあるともいえます。

◇(3)今の生活に満足している

仕事がうまくいかなかったり、生活に何らかの不満があったりすると、恋愛で満たされたくなるものです。つらい時には頼れるパートナーの安心感に包まれたい時もあるはずです。

反対に、今の生活に満足していると「別に恋愛しなくても十分楽しいし」と思って恋するモチベーションが維持できません。

◇(4)保守的で慎重

石橋を叩いて渡るような慎重派の人は、恋愛にも保守的で自分からアプローチすることはほとんどありません。

良いかもと思える人がいても、「自分には興味がないだろうし」とか「付き合ってもうまくいかないかもしれないし」と、心配事やリスクばかり気になってなかなか一歩踏み出せず、好きになる前に諦めがちです。

■好きな人ができない理由・心理

「好きな人ができない」のには、どのような心理が作用しているのか、詳しく解説します。

◇(1)恋愛にトラウマがある

恋愛にトラウマがあると、「また傷つくのが怖い」と思って恋愛に対して消極的になります。

例えば、浮気をされたり、ひどいふられ方をしたりと、恋人からつらい仕打ちを受けた人は恋愛がトラウマ化しがち。「過去と現在は別」と切り離して考えないと、簡単には好きな人ができないでしょう。

◇(2)人間不信

人間不信な人は、他人を信用できず常に一定の距離を置いているので、深い関係を築きにくいです。人と深く関わることを経験しないと、当然他人の良いところを見つける能力も低くなってしまい、自分自身も相手からの好意を感じられないので、親友も恋人もできにくいでしょう。

プライベートな部分を多く共有し親密な関係になる恋愛には、苦手意識を強く抱きます。

◇(3)自己評価が高い

良くも悪くも自己評価が低い人は、「自分なんて他の人に比べて全然ダメだ」と思っているので、自然と他人の評価が高くなり、相手の良いところを見つけることができるので、恋もしやすくなるもの。

反対に、自己評価が高い人は、その自信故に他人の評価が下がりやすく、人に対してあまりときめきを感じません。それを理由に、「好きな人ができない!」と悩む人はとても多いです。

◇(4)責任やリスクを負いたくない

責任やリスクを嫌う人は、保守的で現状維持を好む傾向があります。

恋愛は、相手に好奇心を持って親密になれるようチャレンジする積極性が求められます。ただ、責任やリスクを嫌う人は、「傷つくかもしれない」というリスクを伴う恋愛に対して気持ちが向かず、そして好きな人ができにくくなるのです。

好きな人を作るには、多少の責任やリスクを背負って行動する勇気が必要でしょう。

■好きな人を作るための5つのコツ

「好きな人を作りたい!」と思ったらどうすればいいのでしょうか? 最後に、好きな人を作るコツを5つ紹介します。

◇(1)「アリ」だと思える人と付き合ってみる

好きな人ができにくいという人が、完全に惚れた相手と付き合うのはハードルがとても高いので、「この人ならアリかも」くらいの人とお試しで付き合ってみましょう。

女性は関係性が深まると相手に対する好意的な感情が大きくなる傾向があるので、付き合っているうちに好きになるケースも珍しくありません。

◇(2)新しいことに挑戦する

新しい仕事や趣味に挑戦すると、最初はうまくいかずに不安定になることが多く「誰かに支えてほしい」と安心を求めます。

そして、「癒やしてくれる恋人が欲しい」という気持ちが生まれやすくなりますから、新しいことに挑戦するタイミングで出会いの場に行って、恋愛のきっかけを作ってみてください。

◇(3)恋人がいる友達と遊ぶ

人は良くも悪くも環境に左右される生き物です。周囲の人たちが結婚しだすと自分も結婚したくなるように、恋愛している人に囲まれると恋愛したくなるもの。

なので、恋人がいる友達とたくさん遊ぶことで「自分も恋愛したいから、好きな人を作ろう!」という気持ちを高めてみてはいかがでしょうか。

◇(4)人の良いところに注目する

人の悪いところばかり目に付く人は、なかなか好きな人ができません。人の良いところを見つける力を高めましょう。

「この人は遅刻しがちだけど、よく笑っていて憎めないんだよね。愛嬌があるんだな」と長所を探すようにするだけでも、相手の印象は大きく変わります。

◇(5)人と会う機会を増やす

シンプルですが、出会いの場に行く回数を増やせばたくさんの人に出会い、恋のきっかけも生まれやすくなります。

初心に返り、いろいろな人が集まる交流会や合コンに行ったり、知り合いに「誰か紹介して」と頼んだりして、出会いを増やしましょう。

恋愛スイッチを押して恋の感度を高めよう

「恋したい!」「好きな人を作りたい!」と思ったら、とにかく行動することが大切です。待っているだけでは恋が生まれませんから、人の良いところを見つけたり、出会いの場に足を運んだり、新しいことにチャレンジしたりして、自分の恋愛スイッチを入れましょう!

次第に恋の感度が高まっていき、ときめく相手を見つけられるはずです。

(秋カヲリ)

※画像はイメージで



関連記事