マスク生活で衰えた肌に。美のプロがおすすめする美容家電3選

自宅で過ごす時間が増えた中、お家で手軽にセルフケアできるアイテムとして、美容家電が注目されています。しかし、「いろんな種類があってどれを使って良いのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

この連載では、そんな美容家電ビギナーのために、美容家や美容ライターなど美容に詳しい方々に、実際に愛用しているおすすめアイテムを教えてもらいました!  第2回は、マスク生活などによって「衰えが気になる肌」におすすめの美容家電を聞きました!

■美容家 飯塚美香さんのおすすめ

1人目は、美容情報サイト「キレイナビ」運営の他、雑誌やWEBでの美容コラム執筆・監修、化粧品・サプリメントプロデュースなどを行う飯塚美香さん(@biyoukamika)。

◇お風呂上がりに自宅でケア完了!

顔の輪郭がぼんやりしてきた気がしたので、引き締めを狙って選んだANLANの「多機能温冷美顔器」

マスク生活で衰えた肌に。美のプロがおすすめする美容家電3選の1枚目の画像

EMS(電気刺激)やイオンなど8つの機能を備えていて、肌の状態に合わせて温度とEMSのレベルを3段階で調節可能です。

私はお風呂上がりにスキンケアの仕上げとして取り入れています。クリームを塗った後に「Moisturizingモード」でフェイスラインを下から上に引き上げるように動かします。

マスク生活で衰えた肌に。美のプロがおすすめする美容家電3選の2枚目の画像

私の場合、温かさとEMSは「MAX」でちょうどいいです。熱すぎることなく、EMSの刺激がとっても心地よく感じます。

1分ごとに残り時間が表示され、 5分間で自動的に電源が切れるのも便利。なかなかエステに行けなくても、自宅でケアできるので助かっています。

■ビューティーエディター&ライター 畑中美香さんのおすすめ

2人目は、ファッション誌のビューティ担当を経てフリーランスとなり、現在は雑誌やWebなどで美容や健康、女性の生き方にまつわる執筆&取材をしている畑中美香さん(@hatamika)。

◇顔と頭皮を一緒にケア!

老けて見えるかどうかを決定づけるエイジングサインって、全体的なくすみ感とたるみだと思っています。そしてこの二大エイジングサインに打ち克つコツは、「巡り」だと思っています。

そんな「巡りケア」を手軽にサポートしてくれるのがエレクトロンの「デンキバリブラシ」です。ブラシ部分から流れる低周波が、頭皮やフェイスラインなどのこわばりをほぐしてくれるというメカニズムです。

マスク生活で衰えた肌に。美のプロがおすすめする美容家電3選の3枚目の画像

顔と頭皮は地続きのため、頭皮が凝り固まると額にシワが寄ったり、目がしょぼんとしたりしますし、逆をいえば頭皮をほぐすことで顔の引き締めにつながるわけです。使うと電気が走るのでピリピリと痛いのですが、確かに視界が広くなるような目周りのスッキリ感がありますし、フェイスラインもキュッとするような!

たるみは肌が本来持っている引き上げ力が低下して、重力に負けることで起こるもの。であれば、老廃物を流して肌を極力軽くしてあげるに越したことはないと思うのです。

マスク生活で衰えた肌に。美のプロがおすすめする美容家電3選の4枚目の画像

お値段はかなりしますが、先行投資だと思っていいのでは? と手に入れた今、心から感じます。モデルさんやヘアメイクさんなど、日々肌と向き合っている人たちがこぞって愛用しているのも納得のアイテムですよ。

■美容ライター さくらさんのおすすめ

3人目は、美容ライターとして美容メディアにて記事執筆のほか、集英社MAQUIA公式ブロガー、@cosme認定ビューティーパートナーとして活動しているさくらさん(@mi_sakura22)。

◇デスクワークで目を酷使している人におすすめ

私が愛用中の美顔器は、顔と頭皮のEMS美容機器、「ヤーマン myse(ミーゼ)スカルプリフト」です。2種類のアタッチメントで、顔筋と頭筋にアプローチできます。

マスク生活で衰えた肌に。美のプロがおすすめする美容家電3選の5枚目の画像

硬くなりがちな頭筋には、スカルプ用ブラシで入浴中にアプローチ。顔筋をほぐしながら鍛えるフェイス用ブラシは、柔らかく曲がるピンがセットされているので、顔の丸みにフィットしてEMSを当てることができます。

私は特にフェイスモードがお気に入りで、1日10分、ほぼ毎日使用しています。化粧水やジェルで濡らした状態で使うのですが、シートマスクしながら使うと化粧水などを塗り直さなくて済むので手軽だし、摩擦も防げるので一石二鳥♪

マスク生活で衰えた肌に。美のプロがおすすめする美容家電3選の6枚目の画像

フェイスラインや額、髪の生え際、首~肩に当てて、ピリピリと刺激を楽しみながら愛用しています。EMSの強さは3段階から選べますよ。

デスクワークで目を酷使するのですが、スカルプリフトを使うとスッキリ。頭~首や肩がつらい方にぜひ試してほしいです。

また、お肌のもたつきが気になる方にもおすすめ。顔と頭は筋肉でつながっているので、頭筋の衰えが顔に影響することも。スカルプリフトなら、自分では動かしにくい筋肉に毎日手軽にアプローチできますよ。

■おうち時間を有効に使うのがポイント

マスク生活も長くなり、おうちでマスクを外した顔を見てびっくり。なんてこともあるのではないでしょうか。

今回ご紹介した3人のアイテムなら、おうちでセルフケアできる優れものばかり。また、顔と合わせて頭皮ケアも検討してみてはいかがでしょうか。

(文:飯塚美香、畑中美香、さくら、編集:マイナビウーマン編集部)



関連記事