童顔を大人顔に♡メイクで押さえておきたい5つのポイント◎

年齢より若く見える童顔さん♪でも、もう少し大人っぽく見せたい!というときもありますよね。童顔だからと大人っぽいメイクを諦める必要はありませんよ♡実は、大人可愛いメイクが似合うのは童顔さんの特権なんです♪今回は、童顔さんにおすすめの大人可愛いメイクのポイントをご紹介したいと思います!

目次

眉尻を少し長く書き、知的な印象を与えて♪


童顔を大人顔に♡メイクで押さえておきたい5つのポイント◎の1枚目の画像
堀越真 ショートヘア ショートボブ @makoto_horikoshi_circus_omote

童顔の方は顔のパーツが中央に寄っている求心顔の方が多いため、アイブロウを描く際、眉尻を黄金比からいつもより少し長めに書くと大人っぽい印象になりやすいです♪


眉毛の長さの黄金比は、口角と目尻を繋いだ線の延長線上といわれていますが、童顔さんの場合は小鼻の横からスタートし目尻より長めに書くと、大人っぽさを加えることができますよ♡


また画像のモデルさんのように、口角とアイラインの端の延長線上を目安に眉尻を調整しても、大人っぽく仕上がります♡

チークは横幅を意識して入れてみよう!


童顔を大人顔に♡メイクで押さえておきたい5つのポイント◎の2枚目の画像
田口幸典 @crarest_yuki

童顔さんが大人っぽいメイクをする際は、遠心顔(顔のパーツが中心より外側気味な顔)に近づけるメイクを意識すると洗練された印象に仕上げることができます。


そのためチークはこめかみのやや下から頬骨に掛けて入れるか、画像のモデルさんのように頬骨から真横に向かって入れると、全体的に大人っぽい印象に仕上がります!


シャープな印象になるよう、バランスを見ながら少しずつのせていきましょう♪

アイメイクは目尻にポイントをおくべし!


童顔を大人顔に♡メイクで押さえておきたい5つのポイント◎の3枚目の画像
rk @glitter_rk

童顔さんの特徴として、顔のパーツに丸みがあることが多いです。

そのため小動物のようなクリっとした目元や垂れ目の方が多いのではないでしょうか?


この特徴を活かして大人っぽいメイクをするなら、ポイントカラーを目尻にを置きましょう!

そうすることで目元に陰影ができるので、大人らしい立体感のある目元に仕上がります。


アイホールのくぼみを意識し、幅広くぼかしてあげる事を意識してみてくださいね!


またポイントカラーは上瞼だけでなく下瞼にも入れ、きちんとメイクをしている雰囲気を出しましょう♪


顔の余白を埋めるイメージでアイメイクをすると、童顔特有の可愛らしい雰囲気を残したまま、大人っぽいメイクができますよ♡

アイラインも少し長めに引くのがポイント!

口紅とコンシーラーはセットで使おう!


童顔を大人顔に♡メイクで押さえておきたい5つのポイント◎の4枚目の画像
aco @aconeko

童顔さんの口元は女性らしい丸みがあり、とても魅力的です♡

その可愛らしい魅力に大人っぽさをプラスするためには、きちんとした印象を与えることが重要です!


そのためにはコンシーラーで唇の輪郭を整えたら、ぼんやりとしがちな口角も上向きに見えるように余分な部分を消してしまいます。


そうして整えた唇の上にリップを塗ることで、女性らしさの中に洗練された口元が完成します♪


この時に、プラスしてリップライナーも一緒に使用する事でより印象的なリップになります♡

シェーディングは普段より少し濃い目に…!


童顔を大人顔に♡メイクで押さえておきたい5つのポイント◎の5枚目の画像
田口幸典 @crarest_yuki

童顔さんの特徴として、顔の凹凸が緩やかな点が挙げられます。


顔に陰影を付けるシェーディングの方法は、一般的には薄付きが良いとされていますが、童顔さんが大人っぽいメイクをする場合は、鼻筋や輪郭に2~3回程度重ね塗りをして下さい。

この時、やりすぎには注意してください!

顔に陰影があると、立体感が生まれキリッとした大人の女性らしい顔つきになれますよ♡



以上の5つのポイントを抑えておけば、童顔さんの大人可愛いメイクの完成です!


いつもと違った大人っぽく洗練されたあなたの顔に、周囲も圧倒されることでしょう♡

どんな印象を作りたいのかを意識してメイクの練習をし、ぜひ新しい自分を楽しんで下さいね。

(監修者情報・カシワバ マリコ)

関連記事