もう今年も浴衣の時期♡ 差がつく写真映えするしぐさ&ポーズをチェック

浴衣で写真を撮るとき、盛れるポーズやしぐさがあるって知ってる? 知ってるのと知らないのでは断然差がつく和装マナーばっちりのキレイに見えるしぐさから、友達と写真を撮るときに盛れるポージングのコツまで網羅!


\ 映える!盛れる!/ゆかたのときポージング


もう今年も浴衣の時期♡ 差がつく写真映えするしぐさ&ポーズをチェックの2枚目の画像

バッグは帯の下で“ちょこん”と持って
正面で撮影するときはバッグを両手で持ち、少しひじを曲げて。バッグを持つ手がおはしょりくらいの高さになるときれい。バッグはぎゅっと握らず、指先で軽くつまむように持つと美しい。


もう今年も浴衣の時期♡ 差がつく写真映えするしぐさ&ポーズをチェックの3枚目の画像

体を斜めにすると細見え効果あり
全身撮影するときは体を少し斜めにすると細見えを狙えるよ。正面だとどうしても帯の存在感が強く横幅が強調されるけど、体を左右に振ることですっきり美しく。


もう今年も浴衣の時期♡ 差がつく写真映えするしぐさ&ポーズをチェックの4枚目の画像

立ち姿、これはNG
腕をだらんと下ろして、足はガニ股気味。OKの立ち方と比べるとその差は歴然! 女の子らしさが半減しているし、なんだかだらしない印象に。立ち方だけでこんなに差が出るから、写真を撮ることが多いゆかたの日は気をつけて。


ゆかた¥25000(そしてゆめ)・帯¥10000(はいばら)/和風館ICHI 
カゴバッグ¥9000・下駄¥9800/新装大橋(撫松庵)


モデル/鈴木ゆうか 撮影/細谷悠美 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子

関連記事