なぁちゃんの「ON/OFF」のスイッチはどこ?

目次

七瀬のななせるふ。「ON」


1日のオン/オフは大切。でも、人間関係は誰に対してもフラットな自分でいたいです。


なぁちゃんの「ON/OFF」のスイッチはどこ?の2枚目の画像

ニット¥13000/TOMORROWLAND(マカフィー) ジャケット¥14000・パンツ¥9500/ビーミング ライフストア byビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店(ビーミング byビームス) イヤカフ¥3700・ネックレス(小パール)¥5000(ともにビームス ボーイ)・スニーカー¥17000(コンバース×ビームス ボーイ)/ビームス ボーイ 原宿 ネックレス(大パール)¥4000/ビームス カスタマーサービスデスク(カロリナ グレイサー) リング¥3000/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) 靴下/スタイリスト私物


ウェブCMへの出演がおじいちゃん孝行に!


お仕事とプライベートのオン・オフは、1日の中でわりとうまく切り替えられるタイプです。オフになるタイミングは大きく分けると3段階あって、まず1段階目は現場でやるべきことがすべて終わった時。


その後、スタッフさんたちと談笑したり楽屋で帰り支度をしている時間が2段階目で、家に帰って一人になった瞬間が3段階目、完全にスイッチオフの状態です。


逆に、オンに切り替わる瞬間は日によってバラバラかも。メイクしている最中にオンになる時もあれば、カメラの前に立ってからという時もあって、その差は何なのか……自分でも謎です(笑)。 


生活においてのオン・オフの切り替えは大事だけれど、人と向き合う時に、それはなくていいものなのかな? と思っていて。


実際、周りの人から「誰と接する時も、全然変わらないよね」って言われることも多いんです。自分では特別意識しているわけじゃないけど、 そんな風に思っていただけているならうれしいな。


でも、そんな私が自分らしくいられない瞬間もあって、それは"大勢の前で話す"という場面。頭の中にある考えや感情を上手に言葉に変換できなくて、さらに、耳を傾けてくれている方の時間をとるのも申し訳ないし……とか考え始めると、自分が今何を話しているのか分からなくなってしまうんです。


かといって、話す内容をあらかじめしっかり決めて準備しておくのもなんだか違う気がするので、作品がクランクアップした時のあいさつは、結局いつもちょっとグダグダして終わることが多いです(笑)。


いろいろなゲストをお招きしてトークする『グータンヌーボ2』も、もうすぐまる2年。私の場合、ゲストの方の情報をあえて事前に調べすぎないようにして、直接お会いした時の感覚を大事にしています。


だから、どんな話題になるのか、どういう質問をするかは、本番が始まるまで予測できない。それでうまくトークを回せているかは、分からないけど……。


もちろん、ゲストの方とお会いするまでは毎回緊張の連続。でも、収録中はできるだけリラックスするように心がけているんです。その理由は、私が硬くなっていると、それが伝わって相手の方まで緊張させてしまうかもしれないから。


2年近くMCを続けさせていただいて、少しだけ変われたところなのかな。


他にも、お仕事で初めましての方とお会いする機会は多くて、最近ご一緒させていただいたのは『アサヒ ザ・リッチ』のウェブ限定CMで共演した飯尾(和樹)さん。すごくお話ししやすくて、さらに好きになってしまいました!


撮影の合間にはいろいろ会話をしたんですけど……今、思い出したのは、防犯対策の豆知識。万が一空き巣に入られた時に思いとどまらせる切り札として、置き手紙が有効らしいんです。


内容は具体的に、達筆で、しかも強そうな名前で書いておくといいということを教わりました(笑)。撮影現場でグラスを手にして思い出したのは、おじいちゃんが昔から飲んでいたアサヒの瓶ビールのこと。


子どもの頃はお酌するのが私の役目だったので、出演が決まった時はおじいちゃん孝行ができたみたいで、なんだかうれしかったです。


ひと目惚れした猫のチャームをバッグにオン♡


身につける洋服や小物は、冬に向けて少しずつ買い足しているところ。最近のお気に入りは『キャセリーニ』で購入した猫のチャームです。


種類ごとに、名前とちょっとしたプロフィールが設定されていて、それに合わせた格好をしているのが可愛くて。


オンラインショップでさんざん迷ったあげく、たくさんある中からインディアンモチーフの猫に決定。バッグにつけて持ち歩いている、お気に入りです♡


なぁちゃんの「ON/OFF」のスイッチはどこ?の3枚目の画像

モデル/西野七瀬 撮影/野田若葉(TRON) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/ミク 取材・原文/吉川由希子 撮影協力/アワビーズ web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル

関連記事