【コロナ禍の内定獲得ダイアリー⑥】内定が決まった人に思わずイライラ……就活中のメンタル相談室


連戦連敗、急な日程変更、内定辞退…

就活中の弱ったメンタル、

どうすれば乗り越えられるの?


ゴールが見えづらい就活中は、どうしても心が不安定に。そんな時に役立つ心の持ちようや発想転換のコツを教えてもらいました!


お話を聞いたのは…

メンタルトレーナー

中村果生莉さん

元新体操選手。引退後はスポーツ番組MCやリポーターとしてプロスポーツ選手や競技に触れ、メンタルの重要性を再確認。「リコレクト」所属のメンタルトレーナーとしてアスリートや企業向けに研修を行っている。


お悩み

就活について親からいろいろ小言を言われ、家でもゆっくり休めずストレスがたまる一方です。


現状を伝えるor場所を変えるのも手



「怒りは6秒間グッと我慢すれば収まると言われています。親とぶつかる前に、イラッとしたら6秒間、深呼吸してみる習慣を。もしコミュニケーション不足が原因なら、就活の状況や不安も含めた気持ちをあえて正直に伝えることも状況を変える一手に。考える時間が欲しい時はカフェなど自分が好きな場所へ移動するのもありです」



お悩み

第1志望ではない企業の面接でも、笑顔で「第1志望」と偽ることがストレス。


本番のためのリハーサルだと考えて



「少しだけ視点を変えてみるのがポイント。一人でいくら練習していても、本番のような緊張感は味わえません。第1志望で自分の思いをしっかり伝えるには、場の空気にのまれたり緊張せずに臨める経験値が必要。本番に向けたリハーサルの場であり、反省点を第1志望の面接に生かせる調整のチャンスと捉えて」



お悩み

友達にどんどん内定が出ているのに自分は1社も決まらず。受験のようなテストの得点ならともかく、人間性で選ばれているので、ショックが大きい。不採用通知を見るたびにスマホを投げたくなってしまう。


自分ができることに意識を向けて



「これは就活で誰もがぶつかる壁。まず知っておいてほしいのが、"合否の結果は自分ではコントロールできない"ということ。結果を意識しすぎると、面接で『受かるためにいいことを言わなくちゃ』と焦ってしまい、かえってストレスの原因になります。結果は切り離して考えて、『これだけは伝えよう』という思いを用意しておくなど、自分が今できることに意識を向けましょう」



お悩み

就活サイトの掲示板やSNSを見ていると、内定が決まった人たちにイライラしてくるけど、見るのをやめられません。


自分ルールを設定して切り分けを



「10分見たら閉じる、イヤな情報を目にしたら好きなものを見るなど、実行できそうな自分ルールを決めましょう。SNSを見ても見なくても、選考結果は変わりません。それでも見たいのか、本当に必要な情報なのか考えてみて。人は人、自分は自分としっかり切り分けて、比べないマインドを持ちましょう」



お悩み

採用担当の方に丁寧に対応していただいた企業ほど内定辞退の電話が心苦しく、とてもストレス。気持ちよく終われる方法ってあるのでしょうか。


自分の中にある感情を書き出してみましょう



「誰かに告白されて断る時って言葉を選びながら理由を伝えますよね。それと同じように、まずは自分の感情を単語で書き出してみましょう。内定がもらえてうれしかった、丁寧に接してくれてありがとう、思いにこたえられず申し訳ない……内定辞退の際は、理由だけでなくそのようなワードや感情も入れると、相手に思いや誠意を伝えやすくなります」


イラスト/香川尚子 取材・原文/国分美由紀 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル

関連記事