【西野七瀬の夏浴衣2021】レトロな七宝模様で洗練された大人の可愛さを。

洗練された粋なゆかたに袖を通し、ゆっくりと流れる時間に身を任せて過ごす。何げない日常を特別に変える装いでつむぐ、ある夏の日の話。


七宝模様でかき氷を食べる


「華やかなのに品があるレモンみたいなイエローは、袖を通すとワクワクした気持ちになりますね。ブルーグリーンの帯との配色も素敵だし、さりげなくつけたガラスの帯留めの可愛さにも心惹かれました」(七瀬)


【西野七瀬の夏浴衣2021】レトロな七宝模様で洗練された大人の可愛さを。の2枚目の画像

古くから縁起がいいとされている、同じ大きさの円をつないで生まれる七宝模様。離れて見ると、お花が浮かび上がる。あえて小物やヘアをシンプルにまとめて、洗練された大人の可愛さを引き出すのがしゃれ見えのコツ。

ゆかた¥32890・げた¥10890(2点とも KIMONO by NADESHIKO)・帯¥14190・三分ひも¥6490・帯留め(パール)¥14190・帯留め(グロス)¥8690(4点ともきものやまと)/やまと


▶浴衣2021の記事をもっと見る


モデル/西野七瀬 撮影/東京祐 ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 着付け/奥泉智恵 構成・原文/菊池美里 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス

関連記事