【西野七瀬の夏浴衣2021】涼しげに泳ぐ金魚柄で大人シックに

洗練された粋なゆかたに袖を通し、ゆっくりと流れる時間に身を任せて過ごす。何げない日常を特別に変える装いでつむぐ、ある夏の日の話。


金魚柄で読書にふける


「水色と深い青の組み合わせが涼しげで、縁側で読書するシチュエーションにぴったり。よく見ると柄の中を金魚が泳いでいる姿にもきゅんとします。こんなゆかたで、のんびり鎌倉を散策するのが夢です」(七瀬)


【西野七瀬の夏浴衣2021】涼しげに泳ぐ金魚柄で大人シックにの2枚目の画像

草花をモチーフにした伝統的な型染めに、金魚を組み合わせた遊び心あるデザイン。水面を連想させるカラーや柔らかな色のぼかし、ほんのり透ける綿絽素材が清涼感たっぷり。色をきかせたナチュラルな麻帯や、編み目が美しいアタ素材のカゴバッグを合わせて、小物でほんのりポップに仕上げるのも小粋。

ゆかた¥36300・帯¥24200・帯締め¥4180・バッグ¥17600・げた¥17600/撫松庵


▶浴衣2021の記事をもっと見る


モデル/西野七瀬 撮影/東京祐 ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 着付け/奥泉智恵 構成・原文/菊池美里 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス

関連記事