【西野七瀬の夏浴衣2021】凛とした美しさを引き出してくれる椿柄

洗練された粋なゆかたに袖を通し、ゆっくりと流れる時間に身を任せて過ごす。何げない日常を特別に変える装いでつむぐ、ある夏の日の話。


椿柄で風鈴をめでる


「大きな椿のお花が存在感たっぷりだけど、落ち着いた印象の白地だから派手になりすぎることなく、大人っぽく着られますね。プリーツ仕様になったへこ帯は初めて。本当に可愛くてときめきました!」(七瀬)


【西野七瀬の夏浴衣2021】凛とした美しさを引き出してくれる椿柄の2枚目の画像

凛とした美しさを引き出してくれる大輪の椿が印象的な1枚。ゆかたの柄は季節に合わせるのが一般的だけど、この椿柄は花芯にみずみずしいナスをイメージしたデザインを取り入れることで、夏に着られるようにアレンジしている。葉っぱにちょこんと鈴虫が止まっているのも愛くるしい。

ゆかた¥36300・へこ帯¥12100・半幅帯¥12980・帯締め¥16500・髪飾り¥8580/ふりふ 新宿店(ふりふ) 風鈴¥1320/銀座たくみ


【西野七瀬の夏浴衣2021】凛とした美しさを引き出してくれる椿柄の3枚目の画像

▶浴衣2021の記事をもっと見る


モデル/西野七瀬 撮影/東京祐 ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 着付け/奥泉智恵 構成・原文/菊池美里 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス

関連記事