ノーファンデも余裕!ニキビを治すために江野沢愛美がやった10のこと。(後編)

ニキビ克服のために、愛美がやった10のこと

自分の肌と向き合った愛美が、ニキビ卒業のためにやった10の習慣と、お気に入り品をご紹介!


▶ニキビを治すためにやった10のこと(前編)はこちら


補足してくれたのは


大山希里子先生

大山希里子先生

皮膚外科医。東京イセアクリニック渋谷院院長。ニキビケアのエキスパートであり、丁寧な診察と的確なアドバイスで患者さんからの信頼も厚い。


ベースメイクは石けん落ちにする

「コンプレックスを隠そうとハイカバーのファンデーションを使っていたけど、肌への負担が大きいという話を聞いて、ベースメイクは石けんで落ちるものに変更。ニキビ跡の色素沈着防止のために、下地とファンデーションもUVカットできるものを選ぶようにしているよ」

過剰な皮脂分泌や、ターンオーバーが乱れて毛穴が詰まることでニキビができます。石けんでオフできるなど、「落としやすいメイク製品を使う」ことは、毛穴を詰まりにくくしてくれるので◎。



キャミソール¥3190/RANDA ヘアバンド¥660/お世話や(OSEWAYA) パンツ/スタイリスト私物



aラベンダーパールが肌に透明感と上品なツヤを与えながら、色ムラもしっかりカバーしてくれる。

SPF31 PA+++配合。ミネラルインナートリートメントベース 25ml¥4950/エトヴォス

b透明感あふれるみずみずしいツヤ肌が叶う。SPF22 PA++だから、色素沈着対策もバッチリ。

ミネラルリキッドリーファンデーション リフィル¥6050・ケース¥1100/MIMC


● ● ●


自炊中心に切り替える

「外食から自炊中心の食生活にシフトしたところ、肌の調子もみるみる回復。とんかつやから揚げなどの揚げ物は控えて、季節の野菜を使ったヘルシーなレシピがお気に入り。美肌になれて、体形維持もできるから一石二鳥」

ダイエットのためにたんぱく質を避ける、野菜だけを食べるといった食事は、栄養バランスが偏り、肌の状態を悪化させるおそれが。バランスのよい食事を心がけてくださいね。



「食べたいものを食べる、が合言葉。無理な食事制限はかえってストレスになってしまうから、野菜をたっぷり使った満足感のあるごはんが多いかも。この写真のメニューは、サバのみそ煮定食(右)と和風ハンバーグ定食(左)。旬の野菜を使った、炊き込みごはんが好き♡ 」



● ● ●


美容クリニックでプロの手を借りる

「私の場合は自分に合うクリニックと出会えて、ニキビ悩みが解決したから、本当にオススメ! トラブルがあったら駆け込めるような、救世主的存在の主治医の先生やクリニックがあれば安心だよね♡」

肌は人によって違うので、間違ったスキンケアやニキビのケアをして跡になる前に、クリニックで塗り薬や飲み薬、施術も取り入れて適切な治療を。



東京イセアクリニック渋谷院
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町26の1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階 ☎0120(963)866


● ● ●


高濃度ビタミンCのサプリでニキビ跡対策

「ニキビが治った後は、ニキビ跡のケアが新たなる課題に。色素沈着してシミにならないようにUV対策をすることはもちろんだけど、インナーケアとして取り入れているのが、高濃度ビタミンのサプリ。飲み続けて、肌のトーンが明るくなった気がします! 今では手放せないアイテム♡」

ニキビができた後にニキビ跡を残さないことも、ニキビ治療では大切です。「紫外線対策」「触りすぎない」「ビタミンCをとる」ことでニキビ跡や紫外線による色素沈着を防ぐことにつながります。




吸水率にこだわった、ビタミンCサプリメント。

Lypo-Cリポ・カプセルビタミンC(30包入り)¥7776/SPIC


● ● ●


人と比べるのをやめて自分に向き合う

「ニキビが顔中にできていた時は、鏡で自分の顔を見るのが怖くて、常に自信がなくて……。正直、肌がキレイな人がうらやましくてしょうがなかった。でも、どんなにうらやんでもその人になれないから、ありのままの自分を受け入れてあげられるかどうかが重要。人と比べなくなってから、メンタル的にかなりラクになれたし、ストレスが減って、少しずつだけどニキビも減ってきたの。だから、『いつかは治るから大丈夫!』と自分を励ましながら、一緒に前に進んでいこう!」

ニキビを気にしすぎて気分が落ち込んでしまうなど、肌荒れがかえってストレスになってしまうことも。規則正しい生活を送ることはもちろんですが、あまりストレスをため込まず、ポジティブに過ごすことを心がけて!


▶江野沢愛美のニキビとお別れする方法の記事をもっと見る


モデル/江野沢愛美 撮影/三宮幹史(TRIVAL) ヘア&メイク/斎藤紅葉(eek) スタイリスト/金山礼子 構成・原文/大塚悠貴 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス

関連記事