【髪タイプ診断】髪質やダメージ度をプロが診断! ヘアタイプに合ったベストなケアを!

紫外線&毎日のドライヤーやヘアアイロンなどでダメージを受けている私たちの髪。キレイを取り戻すための正解テクニックを髪のプロが解説!


目次

まずは「髪管理」の準備編
自分の髪タイプをCheck!

正しい「髪管理」は、髪質やダメージ状態によって方法が少し違うので、まずは自分の髪状態を確かめて!


【髪タイプ診断】髪質やダメージ度をプロが診断! ヘアタイプに合ったベストなケアを!の2枚目の画像

ダメージヘア度チェック
1つでもあればダメージヘア

ハイトーン、ハイライトなどブリーチをしている

毎日、ストレートアイロンまたはコテを使う

夜は髪を乾かさずに寝る。または朝、髪を洗い、ぬれたまま出かける

縮毛クセ毛、絡みやすい細毛などのドライ毛

パーマやストレートパーマを繰り返している

ぬれた状態の髪はもつれて、なかなかとかすことができない


髪質チェック
チェックの多いほうがあなたの髪質

ネコ毛

髪が細い、量が少なめ、柔らかい

季節を問わずトップがペタッとつぶれやすい

髪を結んだゴムが、するっと抜けやすい

巻き髪やスタイリングが夕方までもたない

枝毛や絡まりが起こりやすい

ガンコ毛

髪が太い、量が多い、硬め

広がりやすく、まとまらない

ぬれた状態の髪はもつれて、なかなかとかすことができない

髪を結んだゴムが切れることがある

湿気で髪が膨らみやすい

巻いてもカールがつきにくい


教えてくれたのは…


【髪タイプ診断】髪質やダメージ度をプロが診断! ヘアタイプに合ったベストなケアを!の20枚目の画像
PearL アートディレクター CHIEさん

PearL アートディレクター CHIEさん

代官山のヘアサロン「PearL」(http://www.pearl-salon.com)代表。最旬スタイル提案はもちろん、最新ヘアケア術にも詳しく、美髪さんが通うサロンで有名!


▶「真夏の髪管理バイブル」をもっと見る


モデル/鈴木ゆうか 撮影/岩谷優一(vale.・モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/田中麻理乃 構成・原文/松井美千代  web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス

関連記事