本田仁美さんのヘアケア★ サラツヤハイトーンを保つコツは?

「努力美容」のシンデレラ
本田仁美ができるまで

自分にも周りにも誠実に向き合う彼女を、誰もが"努力家"だと言う。どこまでも輝きを増す19歳の努力に裏打ちされた美しさの秘密と、理想の自分を目指して走り続けられる理由。


サラツヤハイトーンを保つ

Hair care



シャンプー前の「仕込み」で泡立ちが変わる!

「シャンプーを頭につけてゴシゴシ泡立てようとすると、摩擦が髪のダメージにつながるそう。手である程度泡立てて、その泡で髪を洗うイメージで優しくシャンプーするのがポイントです。お風呂に入る前にブラッシングしておくのも、泡立ちをよくするコツ。今(ノンノ撮影時)はブリーチをしてカラーは入っていない状態なんですが、パープルなどの色を入れていた時期は、熱が退色の原因になってしまうので、冬でも冷水でシャンプーしていました(笑)」


ドライヤーは温⇔冷切り替え。アウトバスアイテムも駆使!

「ブリーチを何度もしているので、ヘアケアは入念に。お風呂上がりは髪のお手入れに集中します! タオルドライしたら、ミルクタイプの洗い流さないトリートメント、さらにヘアオイルをなじませてドライヤー。温風と冷風を切り替えながら乾かして、少しでも熱ダメージから髪を守るように。ドライヤーを終えたらヘアオイルでもう一度保湿を」


ワンピース¥18700/ガールズソサエティ


Profile

●ほんだ ひとみ 2001年10月6日生まれ、栃木県出身。ニックネームは"ひぃちゃん"。9月29日発売のAKB48の58thシングル『根も葉もRumor』では、自身2度目の選抜メンバーに。Instagram(@10_hitomi_06)、Twitter(@hnd_htm__1006)も必見!


▶本田仁美さんの記事をもっと見る


撮影/野田若葉(TRON・本田さん) 新谷真衣(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/松尾正美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス

関連記事