オーガニックブランド「immuno」誕生!

オーガニックブランド「immuno」誕生!の1枚目の画像


毎日の肌ケアは、どんな季節でも欠かせない。できるだけ美しく、自然体の肌を維持して、若々しく健康的な印象をいつでも叶えていたいものだ。今回紹介するのは、10月21日に発売されたオーガニックでエイジングケア※1を叶えるブランド「immuno(イミュノ)」のラインナップの中から『イミュノ アドバンスド エッセンスオイル AG』に注目したい。肌にも環境にもやさしい新ブランドの商品を実際に試してみるのが楽しみだ!


※1 年齢に応じたお手入れのこと

目次

環境にも肌にもやさしい! SDGsにも積極的に取り組むオーガニックエイジングケア※1ブランド

オーガニックブランド「immuno」誕生!の2枚目の画像


DUOやCANADELといったエイジングケア※1ブランドを世に送り出してきた、プレミアアンチエイジング株式会社(東京都港区)から新ブランドが誕生!

今回新たに発売された攻めのオーガニックブランド「immuno(イミュノ)」は、コスメキッチンを展開するマッシュビューティーラボとの共同開発によって誕生した。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の3枚目の画像

「immuno(イミュノ)」はSDGsなどのサステナブルな活動にも積極的に取り組み、肌と環境の両方の美をサポートする、機能性クリーンビューティのブランドだ。

取り組みとしては、SDGsの17の目標のうち「14 海の豊かさを守ろう」「15 陸の豊かさを守ろう」という2つの目標を中心に海や陸のためにそれぞれ自然環境に配慮。また、自然豊かな環境で製造されており、排水もきれいな水に戻してから川に戻すという徹底ぶりから、肌にも環境にもやさしいことがわかる。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の4枚目の画像


気になるラインナップは全6品。

スキンケアはもちろん、クレンジングや洗顔、日焼け止め乳液までそろっているから、すべて揃えてライン使いしたくなる。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の5枚目の画像


美肌キープのためにかかせないと、最近注目が高まっているランゲルハンスケアに着目し、美肌ビタミンLPS※2を配合。様々なダメージに負けないしなやかな肌に導く。微生物と植物の力で肌にアプローチするエイジングケア※1は、新しい肌への働きかけともいえるだろう。

※2 パントエアバガンス培養液エキス(整肌保湿成分)

オーガニックブランド「immuno」誕生!の6枚目の画像


そしてメインでご紹介するのは、『イミュノ アドバンスド エッセンスオイル AG』(30ml・希望小売価格 税抜6,500円・発売中)。先行型のオイル美容液ということで、使う前からかなり気になる…。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の7枚目の画像


パラベン、鉱物油、石油系合成活性剤、アルコール、合成ポリマー、合成香料、合成着色料を含まない、肌のための7つのフリー処方も肌にうれしいポイント。クリーンビューティに取り組む「immuno(イミュノ)」の新製品で、環境にも肌にもやさしいケアを始めたいものだ。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の8枚目の画像


今回は『アドバンスドエッセンスオイル AG』と一緒に『イミュノ アドバンスド スキンコンディショナー』(120ml・希望小売価格 税抜4,000円・発売中)、『イミュノ アドバンスド グロウクリーム』(30g・希望小売価格 税抜6,500円・発売中)もためして、エイジングケア※1をしていきたい。



贅沢な香りでリラックスしながら、しっとり柔らかな肌を実感!

オーガニックブランド「immuno」誕生!の9枚目の画像


では、さっそく『イミュノ アドバンスド エッセンスオイル AG』から使っていこう。マットな質感がおしゃれなボトルで、シンプルだからドレッサーや洗面台に自然になじむ。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の10枚目の画像


蓋がスポイトのようになっていて、ゴム部分を押すと中にあるオイルを含むため、調節して適量を出しやすい。オイル美容液はこぼすと処理も大変なため、オイルを出しすぎないようになっているのはうれしい。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の11枚目の画像


使用感はサラッとしており、肌に伸ばすとやさしくなじむ。オイルというとべたつきやテカリが気になるイメージがあったが、『イミュノ アドバンスド エッセンスオイル AG』は肌をしっとりとした膜で包み込むような感じで、テカリ・べたつきは気にならない。

肌に染み込んでいくオイルが心地よく感じた。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の12枚目の画像


美容液を肌にしっかりなじませた後に『イミュノ アドバンスド スキンコンディショナー』を塗ると、素肌に化粧水をそのままつけるよりも、浸透※3が高く感じられる。しっかりオイルが浸透※3しているからこそ、水分も肌の中にスムーズに入り込んでくれるのだろう。

※3 角質層まで

オーガニックブランド「immuno」誕生!の13枚目の画像


まるで肌が水分補給をしているかのようにぐんぐんなじみ、カサカサの肌がすぐしっとりした質感へと変わった。肌の表面にずっと化粧水が残る感じがせず、すぐに肌に浸透※3した感じ。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の14枚目の画像


仕上げに『イミュノ アドバンスド グロウクリーム』を塗ると、吸い付くような肌の完成!

クリームでしっかり蓋をすることで浸透した水分の蒸発を防ぐ。エアリーラベンダーとオリエンタルインセンスの香りに包まれ、心も贅沢でリラックスした気分になれた。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の15枚目の画像


『イミュノ アドバンスド グロウクリーム』はかなりしっとり感があるので、ナイトクリームとしておすすめ。メイク前にスキンケアをする昼間の仕上げには、日焼け止め乳液『イミュノ アドバンスド デイエマルジョン UV』(SPF17・PA++・30g・希望小売価格 税抜3,500円・発売中)を使うと、メイクのノリの良さを感じられた。

オーガニックブランド「immuno」誕生!の16枚目の画像


約1週間夜のルーティンとして3つのラインナップを使用。肌が健やかに整ったと感じた。

記者は最近乾燥が気になっており、口回りは皮膚がカサカサして皮が剥けてしまっていたのだが、1週間使用すると見事にカサカサがなくなった。乾燥が気になる秋冬シーズンには、ぜひ試してみてほしい!

「immuno(イミュノ)」で自分の奥深くに眠る美しさを引き出そう

環境にも肌にもやさしい「immuno(イミュノ)」は、ランゲルハンスケアで、年齢とともに増えた肌悩み※4にアプローチしたいと考えている人におすすめ。またデリケートな肌に使うものだからこそオーガニックにこだわりたい人や、秋冬シーズンにしっかり保湿ケアをしたい人にもぜひ試してみてほしい。

※4 乾燥、肌理の乱れ、余分な角質、汚れなど

オーガニックブランド「immuno」誕生!の17枚目の画像


自分の奥深くに眠っている美しさの扉を開きたいなら、ぜひ攻めのオーガニックブランド「immuno(イミュノ)」で肌ケアを!



購入は、ブランド公式WEBストア、コスメキッチンWEBストア、一部店舗を除く全国のコスメキッチン店舗にて。

関連記事