今までのオイルにはなかった! 滑らかで上品、ツヤという名のヴェールを纏う♡ 『カネボウ ドロッピング オイル』が新登場



鏡で顔を見たときに「肌に潤いやツヤがない」、「ふっくら感や柔らかさがない」と感じることはないだろうか。「KANEBO(カネボウ)」から心地よさを追求した滑らかな質感で、肌の質感を一気に底上げしてくれるオイル『カネボウ ドロッピング オイル』が新登場したと聞き、早速おためししてみた!

目次

心地良さを追求!ふっくら柔らかなツヤ肌に導くトリートメントオイル



株式会社カネボウ化粧品(東京都)から展開されているブランド「KANEBO(カネボウ)」は、見た目の美しさだけでなく希望に向かって発信するという意味から「I HOPE.」をコンセプトに商品を展開している。



今回新たに発売されるのは、ふっくら柔らかなツヤ肌に導くマルチトリートメントオイル『カネボウ ドロッピング オイル』(40ml・税込 8,800円・2021年11月5日発売)だ。



赤ちゃんの未熟な肌を包む「胎脂」に着想し、液状油剤にペースト状の油剤を溶け込ませたユニークな製法から誕生。

厚みのあるしっとりリッチなテクスチャーで、肌と一体化するように馴染んで角層の潤いをキープしてくれる。また、スクワラン、マカデミア種子油、ホホバ種子油などの保湿成分も配合されているため、滑らかでふっくら、やわらかくツヤを纏ったような肌に仕上げてくれるのが特長。

顔だけでなく、ボディや指先、爪、ヘアにも使えるので、乾燥しやすいこれからの季節は重宝しそうなアイテムだ。



重厚感のあるマットな瓶ボトルタイプで、香りは茶花の香り「ティートピア」をアクセントに、ミュゲ、ローズ、ガーデニアを合わせた上品なフルーティーフローラルの香り。

上品で滑らか質感、さらっとした仕上がりの万能オイル



では、早速おためししてみよう。



まずは手の甲でテクスチャーをチェック。オイルは透明で、しっとり厚みはあるものの、さらっと流れるような軽さだ。



さらに手の甲に馴染ませてみたところ、スーッと肌に馴染んでいき、肌に膜を張ってふわっと包まれているような感じとツヤのある輝きがわかる。



続いて顔にも馴染ませてみよう。

肌にのせた瞬間は滑らかなとろんとした質感で、ふわっと顔に纏うような感じがとても心地よい。

フェイスオイルとして使用する際は洗顔後、化粧水で整えた後に使用するのがおすすめ。目安は1回2~3滴ほどだが、乾燥状態によって調節すると良い。

ほのかにフルーティーフローラルの上品な香りが広がり、リラックス感も高まる。



マッサージしながらオイルを馴染ませると、肌に溶け込んでしっかり浸透していくのを感じる。ベタッとする感じやずっしりした感じはなく、軽い仕上がりに驚いた。2、3滴で足りるのかな? と感じたが、伸びも良いのでちょうど良い。



肌に馴染んだあと触ってみると、さらっとして、べたつきや余計なテカリ感もない。肌がツヤツヤと輝くような感じで肌の内側からふっくらし、その触り心地に感動した。

今までのオイルのイメージを覆す! 潤い、ツヤが欲しいけどベタつきは苦手な人におすすめ



実際に記者が使ってみて感動したのは「水でも入っているの?」「何このふわとろ感!」と感じるほどの心地よいテクスチャー。肌のカサつきや疲れまで解き放ってくれるような絶妙な使用感で、今まで使ってきたオイルと比べると圧倒的に軽くて、ベタつかない。また、浸透力もあり、肌をふっくら柔らかく仕上げつつ、表面はベタつかないという、使う瞬間から使ったあとまでパーフェクトなオイルだと感じた。

保湿もしたいけどベタつきが苦手という人は、一度この感動を味わってみて欲しい。



商品の購入は、オンラインショップ、KANEBO取り扱い店舗から。

関連記事