ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の1枚目の画像


初心者でも簡単に、ナチュラルで立体的な顔の印象をつくってくれるハイライト。
お手軽にツヤ感や立体感をプラスできるアイテムですが、入れ方を間違えるとかえって顔がのっぺりした印象になったり、間延びして見えたりする原因にもなります。
そこで今回はハイライトの正しい入れ方、使い方をパーツ別でご紹介します。ハイライトを使いこなしてツヤ感、立体感を手に入れましょう!


目次

メイクの基本。ハイライトの効果・役割とは?

ハイライトとは?

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の2枚目の画像


ハイライトとは、基本的に化粧下地やファンデーションといったベースメイクの最後に使われることが多い化粧品です。
ファンデーションより明るめの色味が主流です。おでこや鼻、あご先など立体感や高さが欲しいパーツ、または明るさが欲しいパーツに光を集めることを目的としています。
中には体に使えるものもあります。


ハイライトを入れると顔に立体感がうまれる!

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の3枚目の画像


ハイライトを顔の立体的に見せたい場所や光を集めたい場所に入れることで、立体感やツヤ感が肌にうまれます。
小顔効果だけでなく、光を入れることでシワやシミを目立たなくする効果もあります。
影を入れるシェーディングと組み合わせることで効果をより実感できますが、ハイライト単体でも入れ方を工夫すれば充分に実感できます。


ハイライトの色は何色がある?

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の4枚目の画像


ハイライトは実はカラーバリエーションが豊富です。
無色透明タイプでツヤのみをのせてくれるものや、ピンクがかり肌を暖かく見せてくれるもの、ラベンダーカラーでくすみを払う効果も期待できるもの、いきいきとした印象になる効果のあるオレンジがかったものなどたくさんの種類があります。
中には複数の色味が1つのパレットに入っており、自分の好みの色になるよう混ぜ合わせて使うものもあります。
また、パール感の有無によってものせた時の肌の印象が大きく変わりますよ。


立体的な小顔をつくるハイライトの入れ方をパーツ別でご紹介

ハイライトは【入れ方】と【入れる場所】が最重要

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の5枚目の画像


実際に立体的な小顔をつくるための、ハイライトの入れ方をパーツ別にご紹介していきます。
どのパーツにもハイライトの入れ方で共通して大切なことは、あらゆる角度から仕上がりを確認することと、少しずつ入れていくことです。
また蛍光灯の下、太陽光の下と場所を変えて仕上がりを確認すると、想像以上にテカって見えていたという事態を防ぐことができるのでおすすめです。


立体的な小顔をつくるハイライトの入れ方【おでこ編】

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の6枚目の画像


女性らしい丸みを帯びた形を目指したいおでこ。ハイライトも眉間の上部を中心に丸く入れてあげるのが効果的です。
この時おでこを間延びした印象に見せないように、少し物足りないぐらいの面積でツヤを仕込んでいきましょう。
最後に肌に馴染ませながら伸ばすので、面積を広く取りすぎるのは禁物です。
また、眉と眉の間に入れるとテカった印象になるので、あくまでも眉間上部の位置に入れることを意識してみてくださいね。
ハイライトを仕込むことで、おでこの中心に光が集まり立体的に見えます。


立体的な小顔をつくるハイライトの入れ方【鼻周り編】

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の7枚目の画像


顔の中で最も高さを出したい場所の一つでもある鼻。入れ方を誤ると長く見えたり、凛々しくなりすぎたりする難しいパーツですよね。
入れ方のポイントは事前に顔の皮脂を取っておくことと、可能な限り鼻筋には細くハイライトを入れていくことです。
入れる場所は目と目の間の鼻のくぼみ、そして鼻先です。細く細く入れて自然なツヤにしていくことと、鼻が長く見えるのを防ぐために一直線に入れないように意識してみてくださいね。
より立体的に見せたい方は、シェーディングも併せて行ってください。


立体的な小顔をつくるハイライトの入れ方【目周り編】

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の8枚目の画像


目周りのメイクは、アイシャドウ以外のメイクは基本的にしていないという方も多いのではないでしょうか。実はハイライトは目周りでも活躍してくれます。
入れる場所は目の下のクマが気になる場所と、目周りのCゾーンです。クマをコンシーラーで隠そうとすると、しっかりつくり込みすぎた肌になることがありますよね。
くすみを飛ばすイメージでクマの気になる場所にハイライトを入れると、ナチュラルに光で肌悩みをごまかしてくれる効果があります。
目の周りのCゾーンに入れると横顔も明るく見せられます!


立体的な小顔をつくるハイライトの入れ方【口周り編】

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の9枚目の画像


実は口周りも顔の印象を決める上では重要なパーツです。最近話題の“人中”(ニンチュウ)というパーツをご存知ですか?
人中は鼻と口の間にある縦の溝のことです。この人中というパーツが短いと口元がきゅっと引き締まり、知的な印象のお顔にしてくれます。
その人中にハイライトを使って、光を唇にもってくることで短く見せることができるんです。
唇の山のところにハイライトをちょこっと入れるとぷっくり唇に見え、結果的に鼻との距離が縮んで見える仕組みです。


立体的な小顔をつくるハイライトの入れ方【番外編】

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の10枚目の画像


番外編として、鎖骨や肩にハイライトを使う方法もあります。この画像のような、パール感のあるものがおすすめです。
デコルテの見えるドレスを着る時や、オフショルダーのお洋服を着る時にチャレンジしてみてください。
入れ方は、鎖骨をなぞるように一筆で描く方法が基本です。
自然に見えるようにぼかしておきましょう。鎖骨が綺麗に際立ちますよ。
また、肩に入れる時は肩の一番出っ張った部分に丸く入れてください。肩にツヤが出て、みずみずしい体を演出できます。
どちらの場合もお洋服にはつかないように気をつけてくださいね!


ハイライトにはどんな種類がある?

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の11枚目の画像


ハイライトはパウダータイプのものが基本ですが、バームタイプやパールの入ったジェルタイプ、筆ペン型、スティック型のものもあります。中には化粧下地タイプのものや、コンシーラーと一体型になったものもあります。テクスチャーや入れ方によって、肌にのせた時の見え方が異なります。


【パウダータイプ】のハイライトの特徴

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の12枚目の画像


パウダー状のハイライトは、さらっとしたテクスチャーの肌に仕上がります。ハイライトを入れるおでこや鼻周り、あごなどは顔の中でも皮脂が出やすいパーツなので顔のべたつきが気になる方には特におすすめです。
入れ方は、付属のブラシか専用ブラシで余分な粉を落としながら肌に優しく滑らせていく方法がおすすめです。


【バームタイプ】のハイライトの特徴

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の13枚目の画像


バーム状のハイライトは、本来の顔の油分に近いイメージのツヤを演出してくれる効果があります。
また、水分、油分をパウダータイプより多く含んでいるので乾燥肌の方にもおすすめです。入れ方は、適量を手に取り、手の体温でバームを温めてから狙った場所に入れるのがおすすめです。
生っぽいツヤなので、カジュアルなお洋服と相性が特にいいです!せひ取り入れてみてくださいね。


【ジェルタイプ】のハイライトの特徴

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の14枚目の画像


ジェルタイプは、ラメやパールの入ったものが多く存在感のある輝く肌になります。
顔だけでなく体に入れてもしっかり映えてくれるものが多いです。
入れ方は、適量をかなり細い筆で取り、入れたい場所に小さく入れていく方法がおすすめです。
華やかなきらめきのものが多いので、パーティーやドレスを着用する時に取り入れてみてください。


【筆ペンタイプ】のハイライトの特徴

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の15枚目の画像


筆ペンタイプのハイライトは、リキッド状のハイライトを適量ずつ筆部分に出しながら使うことができるものです。
入れ方は、直接液を含んだ筆を立体的に見せたいパーツに滑らせていくだけでOKです。
手も汚さずポーチに入れてもかさばらないので、メイク直し用にもおすすめです。


【スティックタイプ】のハイライトの特徴

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の16枚目の画像


スティックタイプのハイライトは、バームタイプやクリームタイプのハイライトをスティック状に固めたものです。
入れ方は直接輝きを与えたいパーツに塗りこむのでもOKですが、指に取ってからのせると生っぽいツヤ感を顔に演出できます。
リップクリームと同じような形状なので、唇のふちにハイライトを入れたい場合は特に使いやすいです。


【化粧下地タイプ】のハイライトの特徴

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の17枚目の画像


ハイライトだけでなく化粧下地にもなるタイプのものは、ファンデーションの前に肌に仕込んでおくことで顔全体にツヤを出してくれます。
ラベンダートーンやピンクトーンのものも多く出ているので、顔のトーンを調節して肌を明るく見せることもできます。
入れ方は普段の化粧下地とほぼほぼ変わりないのですが、先におでこや鼻など光を集めたいパーツから塗っていくことをおすすめします。


【コンシーラー一体型】のハイライトの特徴

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の18枚目の画像


コンシーラー機能とハイライト機能を併せ持ったタイプのハイライトもあります。
隠したい肌のアラを、ハイライト効果による光を使ってナチュラルにカバーしてくれます。
入れ方は、普段のコンシーラーと同じように使って問題ありません!ただ、光が集まるとテカって見えるパーツは避けて使用しましょう。


入れ方に悩まない!おすすめハイライト商品2選

特に初心者の方には、入れ方に悩まない単色カラーのパウダータイプハイライトがおすすめです。
チークと同じ要領で、入れたいパーツに筆や指で入れるだけでOKです!
今回は、おすすめハイライト商品2選を詳しく解説していきます。


おすすめハイライト(1)

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の19枚目の画像


プチプラだけど、優秀なアイテムが多いことで知られているCANMAKE TOKYO。1つはアイテムを持っているという方も多いのではないでしょうか。
このハイライターは1,000円(税込)以下で手に入るのに、粒子の細かい粉質で、パウダーハイライトにありがちな白浮きもしない優秀なハイライトということで話題になっています!
色は2種類。[シャンパンゴールド]のカラーの方がパールやツヤ感は強めで、[シルキーベージュ]のカラーはよりナチュラルです。
お仕事にはシルキーベージュカラー、プライベートではシャンパンゴールドという使い分けもいいかもしれませんね!
605円(税込)※編集部調べ


おすすめハイライト(1)の使い方

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の20枚目の画像


入れ方はどちらの色も共通で、付属のブラシにパウダーを適量付け顔の立体感を出したい部分にすべらせてあげましょう。
付属のブラシを使う場合は、ブラシを縦にして使用した方が幅広く入りすぎないのでおすすめです。
もちろん、専用のハイライトブラシを購入し使うのもOK。また指でつけると少し違ったニュアンスになるので、自分好みの使い方を見つけてたのしんでみてくださいね。


おすすめハイライト(2)

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の21枚目の画像


化粧水や、乳液で肌を整えた後のようなリアルなツヤを演出してくれるのが、コスメデコルテの「ディップイングロウ」。
光を集めて、どの角度から見ても華のある顔立ちにしてくれます。
また、保湿成分が配合されているのでメイク直しをして乾燥が気になったところや、よれてきているところにオンすると自然にメイクを直すこともできます。
全てのタイプのファンデーションに合うので、今持っているアイテムを気にせず買い足すこともできますね。
3,850円(税込)※編集部調べ


ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の22枚目の画像


生っぽいツヤを活かすために適量を手に取り少し温めてから、顔の立体感が欲しいパーツにのせて優しく馴染ませてください。
体温で温めると想像よりも伸びがよくなることが多いので、最初は足りるかな?と思うくらいの量を手に取るだけでOKです。


ハイライトはどう選ぶべき?選び方をご紹介!

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の23枚目の画像


メイクで表現したいイメージによって、テクスチャーや色味を選んでいくのがおすすめです。
カジュアルなジューシー肌のイメージに仕上げたい方は、バームタイプや下地タイプのハイライトを選ぶと、いきいきした印象の肌を演出できますよ。
オフィスメイクやフォーマルなイメージを表現したい方は、程よくベールがかった上品な印象の肌になるパウダータイプがおすすめです。
選び方に迷った時は、まずは基本のパウダータイプから取り入れてみるのがおすすめです。


ハイライトを入れる時の注意点

ハイライトの基本とは?正しい入れ方&使い方をパーツ別でチェック!の24枚目の画像


ハイライトはご紹介してきた通り、簡単に顔を立体的に見せられるアイテムですが、入れすぎるとテカリや顔を肥大して見せる原因にもなります。
入れる時は、少しずつ物足りないぐらいの量を丁寧に入れることを心がけてください!
また入れた後は伸ばしすぎないように、ぽんぽんと押さえる程度で馴染ませてください。
仕上げに、太陽光や蛍光灯の下で光具合の確認と、横や斜めからの見え方を確認するのもお忘れなく!


ハイライトの入れ方をマスターして立体的な小顔を!

ハイライトはパーツごとに入れ方をマスターすると、より効果的に立体的な印象の顔を演出することができます。
パーツごとにハイライトを使い分けずに、ご自身本来のツヤに見えるように1種類のハイライトで全てのパーツを仕上げるのがよりナチュラルに見えておすすめです。
正面から見た顔はもちろん、横顔や写真写りもより華やかなものにしてくれるハイライトは、メイクボックスの必需品です!
ぜひご自身のお顔立ちに合ったハイライトの入れ方を身に付けて、ナチュラルなツヤをたのしんでくださいね。


関連記事