【厳か】はなんて読む?「きびか」ではありません!

目次

「厳か」は何て読む?

厳の送り仮名が「しい」だったら読める人が多いと思いますが、「か」の場合は何と読むのか分からなくなってしまうかも。

いったい、「厳か」は何と読むのでしょうか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

【厳か】はなんて読む?「きびか」ではありません!の1枚目の画像

果たして、正解は?

正解は「おごそか」でした!

厳かは、礼儀正しく近寄りにくい様子を表す言葉。「厳かな催しが進行する」「厳かな雰囲気が漂う」のような使い方をします。

類語には重々しいや厳粛や、荘厳など多くの言葉があるので、言い換えがしやすいです。逆に、厳かの対義語には軽々しいや和やか、不真面目などが当てはまります。

厳かという言葉を使うと大人っぽい文章が作れるので覚えておきましょう。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい


「東雲」の読み方はなに?「とううん」以外の読み方を知っていますか?

関連記事