カメラ写りが悪い人必見♡『他人撮りで可愛く盛る』最強テクニックの指南書

目次

全身は下アングル、座ったら上アングルでスタイルUP

定番だけど全身写真を撮るときは下からなめるように。頭身が全然違って見えます。着席の写真は上から撮影するのがベスト。イスに浅く座りひざを前に出して脚をそろえると長く見える♡


まさに九頭身の完ぺきスタイル美女

「片脚に重心をかけてカメラ側の脚を前にのばして下から撮ると、長く見える♪」(@aya.you.love.rさん)

カメラ写りが悪い人必見♡『他人撮りで可愛く盛る』最強テクニックの指南書の2枚目の画像

スラッと細くて長い脚がより強調される!

「太ももが太くならないように、イスには浅く座ります。上から撮ると脚がきれいに写る!」(@babybunny314さん)

カメラ写りが悪い人必見♡『他人撮りで可愛く盛る』最強テクニックの指南書の3枚目の画像


背伸びしてスラッと高身長サギ♡

ちょっと古典的だけど確かな効果を得られる背伸び(笑)。写真のように前に一歩踏み出してる雰囲気でやれば、そこまで目立たない! マキシスカートでごまかすのもアリ。


厚底をはいてさらに背伸びして完ぺき(笑)

カメラ写りが悪い人必見♡『他人撮りで可愛く盛る』最強テクニックの指南書の1枚目の画像


上半身だけ自然に引いて遠近法で小顔に

並んで写真を撮るとき、端から真ん中に寄りながら隣のコと肩があたらないよう少し下がります。そうすると自然な感じで遠近法による小顔がかなう♪わざとらしくないのが重要!


少し後ろにいるだけで小顔効果は発揮される!

「意識したわけじゃない けど、自然と肩を後ろに引いてたみたい。これ意外に盛れるかも!」(@aya.you.love.rさん)

カメラ写りが悪い人必見♡『他人撮りで可愛く盛る』最強テクニックの指南書の4枚目の画像

関連記事