【今さら聞けないアイライナーの基本】ペンシルとリキッド、どっちを選ぶのが正解?

目次

今回使うのは「ブラウンライナー」

ヴィセ リシェ カラーインパクト リキッドライナー BR340

「引く」というより「点で埋める」のがポイント。ブラウンでナチュラルな印象に。

【今さら聞けないアイライナーの基本】ペンシルとリキッド、どっちを選ぶのが正解?の2枚目の画像

1,000円+税(編集部調べ)/コーセー

How to

①目尻の終点から3mmほど延長

目尻の端より少し内側のまつ毛のきわからスタートして、ハネ上げず少し延長してはらう。

【今さら聞けないアイライナーの基本】ペンシルとリキッド、どっちを選ぶのが正解?の3枚目の画像

②まつ毛とまつ毛の間に筆を入れて埋める

筆先でまつ毛のすき間を塗りつぶす。目頭側のまつ毛が生えているところまで埋める。

【今さら聞けないアイライナーの基本】ペンシルとリキッド、どっちを選ぶのが正解?の4枚目の画像

完成はこんな感じ!

キワに引いたラインで、目元がぱっちりとした印象に。

【今さら聞けないアイライナーの基本】ペンシルとリキッド、どっちを選ぶのが正解?の5枚目の画像

Point

細かく分けるとラインにもいろいろ!

まつ毛の生えぎわに沿ったアイホール側の「きわ」と、まつ毛1本1本の間の「すき間」、まつ毛の内側の「粘膜=インライン」があり、目をあけたとき黒目との間に粘膜が見える人は、インラインも埋めると目ヂカラUP。

【今さら聞けないアイライナーの基本】ペンシルとリキッド、どっちを選ぶのが正解?の1枚目の画像

Voice

一重や奥二重によって引き方は変わる?

目をあけて見える部分だけでOK!

目尻側からの延長ラインのみでOK。目の構造上まぶたの皮が重なりラインがにじみやすいので、まつ毛の間は見えていない限り極力引かずに、マスカラやシャドウで強調してみて。

ペンシルとリキッドはどっちを使うべき?

狙ったところに、より繊細にヒットするのはリキッド!

まつ毛の間を埋めるなど、小さい点で描きたいときは筆先が細いリキッドに軍配。ペンシルは、ラインのエッジがふんわりと仕上がるので、好みや描きやすいほうで選んでもOK。

【今さら聞けないアイライナーの基本】ペンシルとリキッド、どっちを選ぶのが正解?の6枚目の画像

〈上〉カラーステイ マイクロハイパープレシジョン ジェルアイライナー 215
1,300円+税/レブロン
▶︎極細のやわらかな芯でぼかしやすい。

〈下〉アイオープニングライナー BROWN BLACK
1,500円+税/UZU BY FLOWFUSHI
▶︎黒と茶の中間の絶妙なこげ茶色

あわせて読みたい

【今さら聞けないアイライナーの基本】ペンシルとリキッド、どっちを選ぶのが正解?の7枚目の画像
▶︎本当に使える「実力派ブラウンアイライナー」を探せ!人気6ブランドを徹底比較

Photograph/Hiroshi Fujiwara(Pygmy Company)Hair & Make-up/Makoto Morikawa(PEACE MONKEY)Styling/Miyuki Naito Model/Kumi Sasaki(exclusive)

関連記事