コレやっちゃダメ!!彼氏とケンカした時にしてはいけない行動4選

コレやっちゃダメ!!彼氏とケンカした時にしてはいけない行動4選の1枚目の画像

ケンカをすると言うのは誰でもある事ですが、彼氏に対してやってはいけない行動と言うものが存在しています。
これは男女ともに考えなければいけない1つのマナーのような事であり、そこに踏み込む場合にはそれ相応の覚悟をしなければなりません。

(1)仕事とお付き合いを天秤にかけること



ケンカの原因になりやすいのが仕事とお付き合いの関係であることが少なからずあります。
その気持ちはある程度お互いに共有されているものですが、言葉に出してしまうと引っ込みが付きません。

仕事あっての関係であり、関係を続けるための仕事であると言う意味で両者は切っても切れないものなのです。
そのことを一度考え直してみてください。

どちらがより重要と言うものではないのです。

(2)相手が非を認めるまで無視を続けること



彼氏の行動が間違っているから自分が起こっていると言うことを態度で示すために、無視を続けると言う女性がいますが、これはやってはいけない行動に近いものがあります。

言わなくてもわかるでしょうと言う態度は相手を怒らせることがありますので、相手に話し合うつもりがあるのであれば話し合いに応じるべきでしょう。
無視は最も良くない対応の1つですからね。

(3)仕事や収入に関することに不満をぶつけること



彼氏の仕事内容や、収入について不満があったとしてもそれを理由に文句を言うのは避けなければなりません。
これは男性だから女性だからではなく、相手を傷つける重要な内容であると言うことを意識しなければなりません。

ケンカの原因になりうるものの1つに不用意な一言がありますが、こういったセンシティブな内容については注意をしましょう。

(4)相手の大切にしていることを否定すること



相手の大切にしている事に関して、それが理解できない趣味などであった場合であっても雑に扱うのは望ましくありません。
理解ができないのは仕方がないとして、それを頭から否定する、あるいは下に見るような扱いをしては上手くいくものもいかないでしょう。

相手の大切にするものに関しては、最低限の配慮が必要です。


ケンカが起きる場合、そこには相性と言う問題もありどちらかが一方的に悪いと言う事はあまりありません。

言い争いの中で相手に言うべきではない言葉が入り込むこともありますので、良い関係を作っていきたいのであれば言ってはいけない言葉や行動については配慮しておくことが大切にることでしょう。

(恋愛jp編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ