男に「好かれるLINE」と「好かれないLINE」の違い

男に「好かれるLINE」と「好かれないLINE」の違いの1枚目の画像

あなたが男性に送っているLINEはどんなLINEでしょうか。
好かれるLINE?それとも好かれないLINE?

今回は、男性に好かれるLINEと好かれないLINEの違いについて紹介しますね。

目次 [開く]

(1)気遣い


『帰りが遅いときに気遣ってくれる優しさ、染みる』(28歳/広告)

男性に気遣いができるLINEは好かれます。
仕事で疲れている時に、「いつもお疲れさま。無理しないでね」なんてLINEが入っていれば、一気に疲れも吹き飛びます。

しかし、気遣いができず、「仕事終わった?ヒマ?」と自己中心的なLINEを送ってしまえば好かれないLINE決定です。
「こいつ、俺の気持ちなんて全然考えてない!」と思い、これ以上の連絡を取ってくれなくなる可能性が高くなります。

(2)文章量


『長い文章だと読むことでお腹いっぱい。返信するのが面倒になるね』(26歳/営業)

文章が短いLINEは男性に好かれます。
短い上、伝えたい用件がしっかり伝わっていれば、最高といえるでしょう。

反対に文章が長いLINEは好かれにくいです。
長い上、書けばか書くほど話が脱線するようでは嫌がられます。

男性は女性と違い、言いたいことを短く分かりやすく伝えてほしい生き物です。
回りくどく長く伝えても分からないため、イラつかせる原因となります。

(3)しつこさ


『意味はないんだけど、既読スルーしちゃう時もあるからさ』(29歳/商社)

既読スルーや未読スルーをしても一切催促せず、違う話題を提供するLINEは好かれます。状況を理解してくれていると思っているからです。

反対に、既読スルーや未読スルーをすれば、しつこく催促する女性は嫌われます。
自分中心であるため、何を言っても通じないと感じているからです。

相手の状況を考えましょう。
普段のやり取りからスルーしなければ、そこまで焦る必要はありません。

(4)会話の楽しさ


『楽しければ時間を忘れて会話が続くよ』(25歳/サービス)

LINEの会話が楽しい女性は当然好かれます。
継続していても楽しいので、いつまでもLINEを楽しむことができるからです。

しかし、会話が楽しくない女性は致命的です。
楽しくないため、早くLINEを終わりたいと心の中で常に思われています。

カレが好きそうな会話ではなく、あなた中心の会話は何一つ面白くありません。
相手の気持ちになって、会話の内容を考えましょう


男性は基本的に連絡を取りたがりません。
継続して男性とやりとりをしたければ、あなた自身も努力が必要です。

相手を思いやり、そして自分自身も心からLINEを楽しみましょう!

(恋愛jp編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ