必死すぎて怖い…周りにドン引きされる「大人のNGコーデ」4選

必死すぎて怖い…周りにドン引きされる「大人のNGコーデ」4選の1枚目の画像

ある程度の年齢になれば、大人の女性であることを意識した落ち着きあるファッションを取り入れたいものですね。
しかし、いつまでも変わらないファッションでは、必死感が出て痛々しいと思われてしまうでしょう。

今回は、周りにドン引きされる大人のNGコーデを4つご紹介します。

目次 [開く]

(1)ダメージデニム



ダメージ加工したデニムはカッコいいアイテムですが、大人の女性が着ると清潔感がなく見えることがあります。
若い頃に比べると、落ち着きがある上品な服が似合うようになるためです。

手持ちの服との相性も悪く、バランスが悪く見えることもあるでしょう。

(2)露出が多いファッション



大人の女性が胸元や背中などを過剰に露出したファッションをしていたら周りにドン引きされてしまいます。
20歳前後の女性なら健康的な色気が醸し出されるようなファッションも、大人の女性が着ると下品に見えることがあるので注意が必要です。

大人の女性は露出控えめにして、体のラインが見える服で色っぽさを感じさせましょう。

(3)ミニスカート



年齢を重ねると、ミニスカートは若作りと思われるようになってしまいます。
脚に自信がある人の場合には、ミニスカートを履きたくなるでしょうが、あまり見せすぎない方が上品です。

肌を露出せず、スキニーなど脚のラインが見えるファッションできれいな脚をアピールしてはいかがでしょうか。

(4)フリルたっぷりの甘いファッション



大人の女性は少女のような甘すぎるファッションも痛々しいと思われてしまいます。
たとえばフリルがたっぷりの甘いファッションは、大人の女性が着ると可愛すぎてドン引きされてしまうでしょう。

若作りファッションは痛いと思われるので、年齢に合ったシンプルで大人っぽいファッションを選んではいかがでしょうか。


年齢を重ねると、似合う服も変わってきます。
いつまでも20歳頃の服にしがみついていると、周りの人たちから「必死すぎて怖い」と思われてしまうでしょう。

今の自分に似合う大人の服を見つけてくださいね。

(恋愛jp編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ