イラッとさせる天才か…?男から「ぶりっ子認定される口癖」4つ

イラッとさせる天才か…?男から「ぶりっ子認定される口癖」4つの1枚目の画像

「可愛いでしょ?」と感じて使う言葉も、ぶりっ子の度合いがすぎると、ドン引きされることがあります。
男性は、女性のどのような口癖に「黙って欲しい」「イラッとする」気持ちを抱きやすいのでしょうか。

そんな今回は、男性からぶりっ子認定される口癖についてご紹介いたします。

目次 [開く]

(1)「ふみゃあ」「はわ?」などの不思議言葉



アニメのキャラを思わせる、それ狙ってやってるでしょと突っ込みたくなる。
「ふみゃあ」「はわ?」の言葉です。

「可愛い」と思うどころか、痛々しい印象を感じやすいです。
周りに人がいる中、不思議ちゃん言葉を連発するなら、他人の振りをしたくなります。

(2)猫のように「にゃん」



とにかくあざとい、愛される猫を意識した「にゃん」の言葉です。
「許してにゃん!」と茶化して使われるほど、相手をイラッとさせることがあります。

上目遣いで、手も猫のポーズにするなら「うわぁ」と感じられてしまうほど。
「君は人間だよ」と冷静にツッコミを入れたくなります。

(3)「~だよぉ」など小さい「ぉ」を思わせる言葉を使う



語尾を甘ったるく伸ばす、幼い子どもを思わせる。
「だよぉ」「ですぅ」など、小さい文字の、語尾がつく話し方です。

しまりがなく、話を聞くたび「うざい」と思われること間違いなし!
成人超えての「だよぉ」はドン引きものだよと、優しく教えてあげたくなります。

(4)何かにつけて疑問系



「そうだよね?」「うん?」「わかってるよ?」など。
何かにつけて疑問系の話し方をする女性です。

共感してほしい、自信のなさの表れが感じられます。
「もっとはっきり言い切ってほしい」と、男性からは思われやすいです。

あまりにも多く使われるなら「ヤンデレ系」とも捉えられるほど。
何か闇を抱えているのかなとも思われることがあります。


男性は女性から、あざといを通り越した「にゃん」や、疑問系言葉を連発されると、イラッとしやすいです。
これからも仲良くしたい彼がいる方は、ぜひ「男性からぶりっ子認定される口癖」に気をつけていきましょう。

(恋愛jp編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ