似合ってなさすぎる…!同性がダメ出ししたくなる「NGメイク」4つ

似合ってなさすぎる…!同性がダメ出ししたくなる「NGメイク」4つの1枚目の画像

人それぞれ好みのメイクが異なり、メイクには個性が出ますよね。
中には「それはちょっと……」と感じるような、似合わないメイクをしている場合も。

今回は、同性がダメ出ししたくなる「NGメイク」をご紹介していきます。

目次 [開く]

(1)顔の形を変えようとしすぎ



目の形を無視しすぎたオーバーなアイライン。
たれ目すぎるつけまつげ。

ハイライトとシェーディングでお面みたいな顔。
誰しも「こうなりたい」という理想はありますが、無理をすると「塗りたくっている」「違和感がある」と思われます。

今は抜け感のある“素を活かしたメイク”が主流です。

(2)時代遅れのメイク



高校生の時や若い時に流行ったメイクを、そのまま続けてしまっているケースが見受けられます。
「とにかく顔を真っ白に」「眉はカーブをつけて」「真っ赤なリップに濃いアイシャドウを」

どれも時代遅れな雰囲気を高めるだけで、魅力的な女性像から遠ざかります。

(3)艶を通り越してテカテカ



艶肌が人気ですが、艶を通り越して「テカテカ」になっている女性がいます。
テカリを抑えつつ、ハイライトで適度に艶出しするのが正解。

皮脂や汗を放置してテカテカになっているのは、お化粧直しをしていないだけに見えます。
また、ハイライトの入れすぎて顔が「レフ板」になっているケースも、美しいとはいえません。

(4)若くないと似合わない



ギラギラのラメや、派手なカラコン、つけまつげ、がっつりアイライン、濃いリップ。
若いと似合うものも、年齢とともに「メイクに負ける」ようになっていきます。

今の自分を綺麗に見せるメイクをすることが大切。
背伸びしたり、過去の自分を再現しようとするのは控えた方が、今の自分を最も活かすメイクに近づきます。


実際にNGメイクになっている時、自分ではなかなか気付けないもの。
雑誌のメイクや友達のメイクと見比べ、客観的に振り返る機会を作りましょう。

また、誰かにアドバイスを求めると、リアルで正確な情報に触れられます。

(恋愛jp編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ