逆セクハラで訴えるぞ!?男が萎える「お下品ファッション」4選

逆セクハラで訴えるぞ!?男が萎える「お下品ファッション」4選の1枚目の画像

男女ではオシャレに対する概念が異なり、男性から「下品」と思われることがあるようです。
では、どんなファッションを着ると男性ウケが悪いのか?

男性が萎える「お下品ファッション」を見ていきましょう。

目次 [開く]

(1)下着が見えている



「ちゃんと鏡でチェックしたから大丈夫」と思っていても、男性目線だと下着が見えていたりします。
男性の方が目線が上にあり、意外と胸元が丸見えなのです。

中には「今日の下着の柄まで分かる」なんてことも。
また、かがんだ時にパンツが見えるのも「下品」と思われます。

(2)すぐに谷間が見える



男性は「谷間」にも敏感に反応します。
下着と同様、高い位置からだと谷間も見えやすいのです。

物を取る時などに胸元を押さえない女性は多く、知らず知らずに谷間をポロリしています。
猫背だったりするとポロリ率は高まり、「あの人いつも胸元見せてる」と思われるのです。

(3)無理な露出



女性は露出を「オシャレの一部」として捉えます。
ところが、男性からすると過激に感じることも。

そして、見えている太ももや二の腕が体型キープされていないと、男性は「なぜ見せるの?」と疑問に思うようです。
スタイル抜群であれば男性もデレデレになりますが、厳しい目で採点しているため、露出には慎重になった方がいいかもしれません。

(4)肩出しor背中開き



「肩出し」や「背中開き」のファッションは女性らしさの象徴ですよね。
気軽に「可愛い」と思って取り入れているこうしたデザインは、男性にとって刺激が強すぎるようなのです。

男性には「肩」「背中」を見せる習慣がありません。
深い仲にならないと見せない部分だからこそ、「下品」と感じてしまうのです。


女性からすると何ともなくても、男性からすると気になってしまうことは多いようですね。
男性がいる場所では、慎重にアイテムを選んだ方がいいのかもしれません。

特に職場では「下着が見える」「谷間が見える」なんてことがないようにしましょう。

(恋愛jp編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ