男が彼女を「めんどうだな」と思ってしまう瞬間とは

男が彼女を「めんどうだな」と思ってしまう瞬間とはの1枚目の画像

恋愛中に「めんどう」と思うと、男性は一気にラブラブ度が低下します。
そのまま放置すれば「別れ」の原因にも。

男性が彼女を「めんどうだな」と思ってしまう瞬間をチェックしてみましょう。

目次

(1)かまってちゃん


男性から相手してもらうことで欲求を満たす「かまってちゃん」。
欲求不満や承認欲求が原動力になるため、男性からするとエゴに感じてしまいます。

「自分が愛してもらうこと」を望む女性よりも、「相手を精一杯愛そうとする」女性の方が、男性目線での喜びは大きいでしょう。

(2)連絡頻度が高い


男が彼女を「めんどうだな」と思ってしまう瞬間とはの2枚目の画像


あまりに頻繁に連絡されると「暇じゃないんだから」「邪魔しないでよ」と感じるように。
さらに、連絡への「返信」を求めれば、男性の苛立ちは頂点に達します。

人によって丁度よい連絡頻度は変わるもの。
男性のペースやテンション合わせて、無理させないように配慮しましょう。

(3)一方的に期待する


交際相手に「不満」や「怒り」などのネガティブな感情をぶつける女性は、「一方的に期待している」という特徴があります。

期待するから落胆するもの。
自分の願望が先走って、ありのままの彼を受け入れていないのです。

キレられても男性は「勝手に期待しただけじゃん」と冷めるだけ。
そして、ほとんどの物事は期待どおりになりません。

(4)感情の起伏が激しい


男が彼女を「めんどうだな」と思ってしまう瞬間とはの1枚目の画像


誰しも「不安」「イライラ」といったネガティブな感情を持ちます。
そして、男性が「めんどうだな」と感じる女性は、こうした負の感情を表に出して態度を変える傾向があるのです。

会うたびに態度がコロコロ変われば、男性は毎回機嫌をうかがわなければなりません。
次第に疲れ切って「もういいや」と気持ちが離れる原因になります。


一度でも「めんどうだな」と思うと、その後の恋愛感情は急降下していきます。
男性は冷めた時の反動がとても大きいため、彼の態度に変化を感じる前に、早めに自分から対策しましょう。

(恋愛jp編集部)

関連記事