相手の理解が大事!彼と「同棲する時に気をつける」こと4つ

相手の理解が大事!彼と「同棲する時に気をつける」こと4つの1枚目の画像

大好きな彼と同棲すれば、今よりもっと一緒にいれるし、ラブラブな生活が送れそうですよね。
しかし、同棲がキッカケで別れてしまうカップルも少なくありません。

そこで今回は、彼と「同棲する時に気をつける」ことを紹介していきます。

目次 [開く]

(1)お金のことはクリアにしておく



話しにくいかもしれませんが、お金のことは同棲するときにきちんと話し合っておくことが大切です。
うやむやに同棲を始めれば、どちらかの負担が多くなる場合もあります。

そうすると、後々お金のことで揉めてしまうので、最初にきちんと折半しておくことが大事!
同棲することで、お金を貯めて結婚資金にまわすことも可能なので、お金のルールは決めておきましょう。


(2)最初から頑張りすぎない



大好きな彼との同棲、張り切って家事を完璧にこなしてしまうと後々しんどくなるかも……
もちろん、それが幸せに感じるならOKです。

しかし、不満が溜まりそうなら、最初から家事のルールは2人で決めておいたほうが無難。
お互いが無理しない範囲で、負担が大きくならない程度に大まかにでも分担を決めておくといいですよ。


(3)女性としての意識を持つ



毎日一緒に生活していると、徐々に素の部分を見せるようになりますよね。
しかし、それが女性としての意識に欠けることはマイナス。

例えば、下着姿でウロウロする、だらしない格好で過ごすなど。
彼が女性として意識できなくなれば、別れに繋がることもありますよ。


(4)お互いの時間も大切にする



2人で一緒にいれることが嬉しいからといって、ずっとベッタリでは疲れてしまうかも。
新鮮さもなくなってくるので、お互いのプライベートな時間は大切にするようにしましょう。

趣味の時間や1人でボーっと過ごす時間も必要です。
2人で常に一緒に過ごすことを義務付けてしまわないよう、1人の時間も確保してくださいね。



同棲することでよいことはたくさんありますが、ケンカの原因になることもあります。
これまで知らなかった部分をお互い知ることになるので、思いやる気持ちが大切。

同棲する前に、2人でルールなど話し合っておくといいかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ