悔しいけど可愛い…♡男を誘惑する「あざとい仕草」って?

悔しいけど可愛い…♡男を誘惑する「あざとい仕草」って?の1枚目の画像

意中の彼の心をグッと惹きつけたいなら、外見を磨くのもアプローチするのも大切です。
その上で、男性の目を引く仕草を見せつければ、彼を虜にすることができるかもしれませんよ。

今回は、男性を誘惑する「あざとい仕草」についてご紹介いたします。

目次

(1)両手を頬に当てて恥ずかしがる



男性は女性の恥ずかしがる様子が好きです。
「ピュア」「男慣れしてなさそう」と感じ、ウブな印象にキュンとするからです。

ですので、恥ずかしがるときは少しオーバーリアクション気味に照れてみましょう。
恥ずかしそうに両手を頬に当てたり、目を覆ったりすれば、ときめかせることができるはず。

(2)指先で唇をフニフニ



ふと無言になった瞬間は、あざとい仕草を見せつけるチャンス。
自分の唇を確かめるように、指先ひとつでフニフニと触ってみましょう。

唇の柔らかさをアピールでき、「キスしてみたい…」と男性の視線を引きつけます。
男性のエッチな気分を掻き立てることができる仕草でしょう。

(3)上目遣いで小柄アピール



定番中の定番が上目遣いです。
狙ってやると、あざとさが丸わかりで好まれませんが、ふとした瞬間の上目遣いは男性の心を強く刺激します。

下から見上げる感じが、女性の小柄さを思わせ、庇護欲を感じさせるようです。
段差を利用したり、座ったまま立っている彼を見上げたりして、自然な上目遣いにチャレンジしてみましょう。

(4)唇を尖らせてすねる



唇を尖らせるのも、男性が視線を奪われるあざとい仕草。
唇を突き出している様子は、小さい子がすねているようで可愛げがあります。

彼にからかわれたときは、ムッと唇を尖らせてみましょう。
可愛さに和んだ彼は、さらにあなたに構いたくなってしまうはずです。


「あざとい」とは抜け目がなく計算されている、という意味を持ちます。
男心を刺激するように計算され尽くした仕草こそ、「あざとい仕草」なのです。

あざとい仕草を使って可愛さや色っぽさをアピールし、彼を魅了してみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

関連記事