もうキミの虜です♡男が「可愛いと思う甘え方」4選

もうキミの虜です♡男が「可愛いと思う甘え方」4選の1枚目の画像

彼にもっと可愛いと思ってもらいたい!もっと素直に甘えたい!と思う女子は多いですよね。
ただ男性が思う可愛い甘え方と、女性が考える可愛い甘え方には少し違いがあるかも!?

今回は男性の心に刺さる可愛い甘え方をご紹介します。

目次 [開く]

(1)甘い声



お願いする内容や態度よりも、案外軽視されがちな声のトーン。
ゆっくりとしたスピードで、甘くまったりとした声で甘えられて嫌な男性はいないはず。

普段のトーンとの切り替えが重要です。
ただ、だれかれ構わず乱用すると「ぶりっこ」と陰口をたたかれる可能性もあるので、気になる彼と1対1の時に活用するのがオススメ。

(2)ありがとうは欠かさない



当然と言えば当然ですが、しっかり甘えた後に「ありがとう」は必ず言いましょう!
この「ありがとう」には当然感謝の意味もありますが、「あなたがしてくれたことはきちんと分かっていますよ、しっかり見ていますよ」という意味も。

男性にやらせて当たり前!という態度だと可愛いからは遠ざかります。

(3)弱音を吐く



女性が思う可愛い甘え方は、彼にしなだれかかったりと、ぶりっこ的な甘え方を想像する人も多いかと思います。
男性からするとそれも嬉しいようですが、普段人に見せない姿を見せてくれた!というのも可愛い甘え方に映るよう。

例えば、ふとした瞬間に仕事での悩みや弱音を吐いた時などは、甘えてくれた!と感じる男性は多いのです。
普段からグチが多いのは考えものですが、たまには気を許した姿を見せてもいいのではないでしょうか。

(4)上目遣い



最後は、これをやられて嫌な男性はいないのでは?という位鉄板ですが、上目遣いです。
ナチュラルにできるようになるには、少し恥ずかしい…と思う女性も多いはず。

そういう場合は、思いっきりぶりっ子に振り切ってコミカルにお願いしてもOK。
その少し照れがある感じがまた、可愛いと思うポイントのようです。


可愛い甘え方を習得すれば、どんな男性でも虜にできるはず!
可愛くおねだりも定番ですが、ありのままの姿をさらけ出す勇気も可愛さに繋がっているよう。

ぜひ色々なバリエーションを習得して、彼を虜にしてしまいましょう!

(恋愛jp編集部)

関連記事