寂しいんですけど…♡彼氏が「構ってほしい時にする言動」4つ

寂しいんですけど…♡彼氏が「構ってほしい時にする言動」4つの1枚目の画像

プライドが高い男性は寂しいときに素直に「構って」と言えません。
そんなときに男性はどんなサインを出すのでしょうか。

そこで、彼氏が「構ってほしい時にする言動」を4つご紹介します。

目次 [開く]

(1)饒舌になる



男性は女性に構ってほしいとき、無意識のうちに饒舌になる傾向にあります。
普段は控えめの彼がよく喋るなと感じたら、それは構ってほしいことをアピールしていると思っていいでしょう。

とくに、普段以上に褒めてくる場合にはイチャイチャしたい気持ちの表れと言えます。
彼が突然饒舌になったら、気持ちを察して構ってあげるよう心がけましょう。

(2)ボディタッチが多くなる



男性は彼女に構ってほしいとき、ボディタッチが多くなるようです。
体を撫でたりハグをしたりするということは、それだけ彼女にスキンシップを求めている証拠と言えます。

甘えたいときや構ってほしいときは、ボディタッチをしながら「ねぇねぇ」などといった言動でアピールすることも。
そんなときは彼を思いっきり甘えさせてあげましょう。

(3)距離が近くなる



男性が構ってほしいときには彼女との距離が近くなります。
「こっち来いよ」などと言って距離を縮めようとするということは、それだけ構ってほしい証拠ですね。

そのため、彼との距離を近いと感じたら、さりげなくスキンシップをとってみてはいかがでしょうか。

(4)見つめてくる



男性が見つめてくるときは、それだけ相手を求めているということになります。
「どうしたの?」と聞いても「なんでもない」と答えたら、構ってほしい気持ちをアピールしていると思っていいでしょう。

そんなときはボディタッチをすると喜ばれるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


男性は構ってほしいときにさまざまなアピールをするようです。
彼氏が「構ってほしい時にする言動」を参考に、彼の気持ちを察してあげるようにしましょう。

(恋愛jp編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ