好きだからこそ!男が「溺愛する彼女には送らないLINE」4つ

好きだからこそ!男が「溺愛する彼女には送らないLINE」4つの1枚目の画像

溺愛する彼女とのLINEで絶対しないことがあります。
それはどんなことでしょうか?

今回は、男性が溺愛する彼女には送らないLINEを紹介しますので、ぜひ参考に。

目次 [開く]

(1)下品な話題



当たり前ですが、彼女とは下品な話題は一切触れません。
溺愛する彼女なので、卑猥なことを言って楽しいとは到底思えない上、話している自分が恥ずかしいと思うのでないです。

下品な話題は、同性同士や遊び相手のみ。
これほど決定的な差があるのです。

下品な話題は自分の価値を下げるだけ。
ましてや、彼女に嫌われるようなヘマはしません。

(2)身体目的の誘い



溺愛する彼女に、いきなり「エッチしたい!」と身体目的の誘いLINEはしません。
彼女とする時は、愛を深めたり、確かめ合うためにするので、したいと思ってもグッと我慢するもの。

しかし、それ以外の女性で身体の関係がある女性には平気で口にします。
自分の欲望のみを叶えるためだけなので、そこに相手への配慮は一切なし!

やりたいものはやりたい!という考えなので、口に出すことができます。
反対にいえば、大切な存在ではないということ。

(3)スタンプ常用



LINEの醍醐味といえるスタンプ。
このスタンプにも溺愛する彼女とそれ以外の女性と分けられることがあります。

溺愛する彼女には、スタンプと文章がセットですが、それ以外の女性にはスタンプのみで返信することが多いです。
興味のない女性との会話ほどムダなものはないと思っているので、手っ取り早く会話が終わるスタンプを使います。

また、いちいち打たなくていいので重宝されるのです。
「なんかいつもスタンプしか送ってくれない」と感じるなら、それはあなたに興味がない証拠なので気を付けてください。

(4)話したことを忘れる



一生懸命話したことを彼は覚えてくれていますか?
それとも忘れて、よく「なんのこと?」と言われがちですか?

溺愛する彼女の話は一から十まで覚えています。
しかし、それ以外はどうでもいいので話をしたことすら忘れている始末…。

残念ではありますが、仕方ありません。
男性は興味のないことはいちいち覚えていません。

忘れられている=興味がないということなので、これ以上の進展はゼロ…。


ちょっと傷つく内容もありますが、これが現実です。
溺愛する彼女にはいいように見られたいと思うのが、男心。

適当にされる、嫌な話ばかりしてくるなら、彼から離れることも視野に入れましょう。

(恋愛jp編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ