これならOK!【ママ友に送っても大丈夫な】LINEスタンプのセリフ特集その2

これならOK!【ママ友に送っても大丈夫な】LINEスタンプのセリフ特集その2の1枚目の画像

今回は、ママ友に送っても大丈夫なLINEスタンプ第2弾です。
地元の友達感覚でLINEスタンプを送るのは大間違い!

送り先のママ友との関係性を考えながら送るようにしましょう。

目次

(1)「いつもお世話になっております」挨拶スタンプ



ママ友へLINEする時、どういう風にLINEするべきなのか悩みますよね。
冒頭に「いつもお世話になっております」と挨拶スタンプを送ると堅苦しさが軽減できます。

距離感が遠すぎず失礼な態度を取らない絶妙なLINEスタンプです。

(2)「お手数おかけします」申し訳なさそうなスタンプ



ママ友に子どもに関するお願いする時、「ごめん!」と軽い感じで謝ると、場合によっては癪に障るママ友もいます。

「親しき中にも礼儀あり」という言葉がある通り、頼み事をする時や謝罪する時は丁寧な返答を心がけましょう。
LINEスタンプを送る場合は、「お手数おかけします」と申し訳なさそうなスタンプを送るのがおすすめです。

(3)「がんばって」応援するスタンプ



ママ友のグループLINEで、お互いに応援しあう時があります。
そのまま既読スルーをすると、「感じ悪い」と感じるママ友もいるかもしれません。

そんな時は、「がんばって」とエールを送るスタンプにすると、仲が一歩近づくでしょう。

(4)文字付きのスタンプのほうが相手に伝わりやすい



スタンプにはさまざまな種類がありますが、色々付き合いが難しいママ友相手には、文字付きのスタンプを選ぶのが無難です。

下手にジェスチャーだけのスタンプを送ると、相手を勘違いさせる可能性があります。
子どものためにもトラブルを避けたいママ友相手には、自分の気持ちが伝わるスタンプを選びましょう。


「LINEスタンプ1つでそんなに気を遣うの!?」と思うかもしれませんが、こういう小さな出来事がきっかけで嫌がらせを受けている女性もいます。

なんだか気が重くなってしまいますが、きちんと礼儀をわきまえておけば巻き込まれる心配はありません。
これからママ友との付き合いが不安な人は、ぜひチェックしてみてください!

(恋愛jp編集部)

関連記事