我が家にぴったりが叶う!100均ワイヤーネット活用術10選

100均のワイヤーネットにひと手間加えると、限られたスペースでの収納力アップや、置きたい場所のサイズにぴったり合う、オリジナルアイテムを作ることができますよ。比較的トライしやすい壁面収納から、組み合わせてラック状にしたアイディア、そしてボックス型に形成したアイディアもご紹介します。



目次 [開く]

壁に取り付けて壁面収納に

まずはチャレンジしやすい壁面収納のアイディアをご紹介します。ワイヤーネットを壁へ設置するときに、突っ張り棒を使えば、壁や天井を傷付けてしまうこともありません。賃貸のお部屋でもマネしやすいですよね。お片付けの参考にもなる、厳選した3つのアイディアをご紹介していきます。


■キッチングッズをさっと掛けられる

撮影:kitaさん
撮影:kitaさん


突っ張り棒とワイヤーネットを組み合わせた、キッチンの壁面収納です。お玉やさじなどをさっと手に取れて、料理の効率もアップしそうですね。キッチングッズが増えても、S字フックを増やせばたっぷりと収納できます。1Rのキッチンなど、コンパクトな空間でも有効的に使えるアイディアです。


■見失いがちな鍵をまとめて収納

撮影:mihoさん
撮影:mihoさん


こちらのユーザーさんは玄関に、突っ張り棒とワイヤーネットを組み合わせた、壁面収納を作られました。小さな鍵はどこにしまったのか、わからなくなることもしばしば。このようにワイヤーネットを使って、決めた場所に、決めたアイテムをまとめておけば、見失うこともなくなり、スムーズに出かけられますよ。


■子どもでもお片付け簡単♪おもちゃの収納

撮影:saraさん
撮影:saraさん


100均のバーフックとワイヤーネットを壁に取り付けて、おもちゃを収納されています。おもちゃの形状を利用して、そのまま掛けて収まるようになっているので、お子さんでも簡単にお片付けできるそうです。きれいに整列した姿も、なんだかほっこりとする光景ですね。



組み合わせてお手製のラックに変身

複数枚のワイヤーネットや、他のワイヤーアイテムなどと組み合わせてラック状にすると、一層収納力がアップします。自分で作れば、置きたい場所のサイズにぴったりのラックを手に入れられますよ。使う人、使うシーンもしっかりと考慮されていて、なるほどと頷きたくなるアイディアばかり。ぜひ参考にしてみてください。


■収納場所にジャストフィットするラック

撮影:ri1218さん
撮影:ri1218さん


100均のワイヤーネットを組み合わせて作られた、キッチングッズ用ラックです。収納場所や収めたいアイテムのサイズを考慮して作られていて、スペースの無駄がなく、見た目にもすっきり♪スタンドを使い、本のように縦に収納するなど、取り出しやすさも工夫されています。


■選びやすく収納力も抜群のシューズラック

撮影:m-aさん
撮影:m-aさん


ワイヤーネットを使った、シューズラック。玄関の壁面を利用したラックで、靴の収納力がアップしました。自分で選べるようにと、こちらのラックにはお子さんの靴をまとめているそうです。身支度がスムーズに行えるようになり、お子さんのコーディネートセンスも磨かれるかもしれませんね!


■キッチンで読みたい書類をまとめて収納

撮影:maaさん
撮影:maaさん


こちらのユーザーさんは、100均のワイヤーネットと吊戸棚用ワイヤーラックを上手に組み合わせて、マガジンラックを作られました。マチが広く、書類をたっぷりと収納できます。調理中などの合間にさっと取り出して、さっと読むことができるので、家事効率もアップしそうですね。


■キャスター付きで移動も楽々なラック

撮影:hi-yaさん
撮影:hi-yaさん


ワイヤーネットを組み合わせたラックにキャスターも取り付けて、ワゴンのように仕上げられたアイディア。ランドリーバスケットとハンガー用収納かごを上下に収納でき、洗面所のスペースを効率よく使えますね。キャスターで動かすこともできて、お掃除のときも便利そうです。



ボックス型に形成したアイディア

ワイヤーネットを組み合わせてボックス型にすると、バラエティー豊かな活用方法が見つかります。デコレーションして小粋な収納かごにしたり、大容量の分別用ゴミ箱として使ったり、お子さんがいるご家庭では、ベビーガードとしても使うことができますよ。それでは詳しくご紹介していきます。


■トイレットペーパーを見栄えよく収納

撮影:NAOさん
撮影:NAOさん


こちらのユーザーさんは、ワイヤーネットを組み合わせて収納かごを作られました。トイレットペーパーをパッケージのまま収納しておくと、生活感が出すぎて気になりますよね。こんな風に移し替えるだけで、インテリア性がぐっと高まります。グリーンのアクセントも効いていて、こなれ感もたっぷりですね。


■大容量がうれしい!分別用ゴミ箱

撮影:KURONECOさん
撮影:KURONECOさん


ワイヤーネットを組み合わせて、大容量のゴミ箱を作られました。ゴミの種類ごとに回収日がきまっていると、かなりのボリュームになることもありますよね。ワイヤーネットを組み合わせて作るゴミ箱なら、収納力の調整も簡単です。キャスターが付いているので、出し入れしやすく、ゴミをまとめるときにも便利ですね。


■パイプと組み合わせたベビーガード

撮影:yukineさん
撮影:yukineさん


ワイヤーネットを活用した、ベビーガードです。イレクターパイプにマジックテープを使って、ワイヤーネットを取り付けています。太いパイプが軸になっているので、安定感があるのもうれしいポイント。ネットに手を掛けやすく、お子さんのつかまり立ちのサポートにも活躍しそうですね。

ワイヤーネットを活用すると、置きたい場所に合わせたアイテムを作ることができます。合わせて突っ張り棒を使えば、天井や壁を傷付けることなく設置できるのもうれしいところです。皆さんもぜひ参考にしてみてくださいね♪



執筆:sunako

関連記事