「家事の無駄をなくし、ラクにアップデートする収納」 by suzukichiさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、スッキリと洗練されたナチュラルインテリアで暮らしをコーディネートされているsuzukichiさんに、収納のコツをお伺いしました。そのアイデアはどれも、毎日の家事をラクにするものばかりと魅力的です。



目次 [開く]

今回教えてくれたユーザーさん♪

suzukichiさん

昨年末、夢のマイホームを建てました。夫婦と子ども1人の3人家族です。夫婦共働きで、家事全般は私がやってます。面倒くさがりなくせに、潔癖症という面倒な性格をしているため、どうすれば無駄なく、ラクに家事をこなせるかを日々模索中です!



しっかりと確保した収納用のスペース

suzukichiさん宅は、ゆったりと余裕のあるナチュラルな空間です。片付けが行き届いていて、生活感や余分が目につかないのが印象的。写真にある収納の中もスッキリしていますね。どのようなことを意識し、心掛けることで、内も外も心地よいキレイをキープすることができるのでしょうか?まずは、suzukichiさんなりの収納への考え方やこだわりからお伺いしてみます。

suzukichiさん

「とにかく面倒くさがりで、掃除など家事が嫌いです。でも、部屋がごちゃごちゃとすっきりしていなかったり、部屋の隅にほこりを見つけたりというのも嫌い!という面倒な性格をしています。いかに無駄な時間を掛けず、ラクして清潔さを保てるかを考えた末にたどり着いたのが、ものを片付ける収納場所がしっかりしていることが重要だということでした。

そのため、収納には特にこだわって、家の間取りや造作家具をつくってもらいました。ちなみに上の写真は、大量ストックのできる、大容量の半地下収納室です。この場所があるお陰で、日用品を何度も買いに行く面倒もなくなりました。この収納室は、つくって正解だったもののひとつです。」

なるほど、きちんと収まるべき場所があるから、ものが散らからず、インテリアの邪魔もしないんですね。大容量の収納室は、普段の家事をラクにしてくれるのはもちろん、災害などいざという時にも頼もしそうです。ここからは、suzukichiさんの日々をラクにする収納の工夫を、家事ごとにご紹介していきます。物干しが苦手!掃除が面倒!という方、キッチン収納がどうやってもパンパン……というように、家事の中にちょっとしたストレスを感じている方は特に必見です。



家事別、ラクになる収納メソッド3つ


■その1 ハンガーを引っ掛けて片づけられる収納棚(洗濯・物干し)

suzukichiさん

「アパート暮らしだった頃は、ハンガーが物干し竿に引っかかったままが嫌で、その都度ファイルボックスに片付けていました。でもこれが、片付けるも、出すも面倒でイライラ(笑)そのため、家を建てる際は、引っ掛けるだけで片付く、ハンガーパイプ付きの収納棚をつくってもらおうと心に決めていました。」


■その2 自分にとっての必要量だけだと、取り出しやすい(料理)

suzukichiさん

「実は私、料理も苦手です……。大体、レパートリーが決まっており、必要な調理道具がある程度、絞られています。調理道具も便利グッズなど魅力的ですが、意外と使わなくてもすむことが多いので、これ以上は増やさないと決めました。そのため、スカスカなので、片付けやすいし取り出しやすいです!」


■その3 工夫ひとつで省ける手間がある(掃除)

suzukichiさん

「無駄な掃除を省くのも、ラクをするための工夫だと思います。例えば玄関掃除では、靴を少し深めのA4レターケースに入れて下駄箱に片付けることで、収納の中を土や砂ぼこりで汚さないようにしているんです。これで、ひとつ拭き掃除の手間が省けます。……ズボラな性格が功を奏しました(笑)」



オススメの収納アイテム

ITEM無印良品のポリプロピレンファイルボックススタンダード(ワイドタイプ 1/2)PRICE490円(税込)

この商品はキッチンに本棚、半地下収納室と、我が家のいろいろなところで活躍中です。セリアのポリ袋収納ケース、文庫本、CD、500mlペットボトル、350mlアルミ缶などを入れるのに、高さがピッタリで重宝します。また、シンプルなデザインで、幅広いインテリアにマッチしそうなところも魅力です。



最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

suzukichiさん

「私は掃除などの家事が嫌いです(笑)。いかに無駄な家事をしないですむか、ラクできないか、常に考えてます。私と同じように苦手を抱える皆さんも、どうすればラクできるかを考えてみると、自分に合う収納が見つけやすいのではないでしょうか。我が家の下駄箱は、分かりやすい例になるかと思います。」



嫌いや苦手があるから、工夫が生まれる

毎日繰り返すことだから、面倒に感じることもあります。苦手なことなら、なおさらではないでしょうか。特に家事は、少しでも手短に、でもキッチリとこなしていきたいもの。suzukichiさんの収納には、そんな『きちんとやりたいけど、ラクもしたい!』という究極のジレンマを解消するアイデアが詰まっていました。

嫌いや苦手があるからこそ、それを乗り越えるため、解消するための工夫が生まれます。ぜひ、suzukichiさんの自分にとっての快適を探し、実践する収納を参考にしてみてください。きっと、毎日をちょっとずつラクにアップデートすることができますよ。



執筆:RoomClip mag 編集部

関連記事

今、あなたにオススメ