選ぶ素材やカラー、スタイルにこだわりを。大人インテリア10選

厳選した上質のアイテムを取り入れて、住む人のこだわりが感じられる大人のインテリア。大切なものを知り、本当に好きなものを選ぶことのできる人の住まいは、どのようなコーディネートにしているのでしょうか。ここでは見惚れてしまうほど美しい、インテリアを大人の雰囲気にまとめているユーザーさんをご紹介します。



目次 [開く]

木の質感を活かして

床や棚、机やチェアなど、室内で多く使われているのが木の素材です。その優しいぬくもりや色合いを活かせるインテリアであれば、家で過ごす時間はさらに心地良いものに。ここでご紹介するユーザーさんは、木の質感を存分に味わえる、大人のためのインテリアにしている方ばかり。ゆっくりとくつろげる空間をご堪能ください。


■印象的な床を活かすインテリアに

撮影:sheさん
撮影:sheさん


sheさんのお住まいで、視線を集めずにはいられないのが印象的な無垢材の床です。オーク材を使用し、玄関から続いているというヘリンボーンの床は、日当たりや見る場所によって異なる雰囲気が味わえるそう。床が活きるようシンプルなコーディネートでまとめ、木の質感をふんだんに感じられる空間となっています。


■余白を存分に取ったディスプレイに

撮影:mackyさん
撮影:mackyさん


こちらはmackyさんのリビングにあるデスクコーナーです。たくさん収納してしまったりと、何かとごちゃつきがちなデスクや棚を、厳選したものだけを置いてスッキリと整えられています。余白を存分に取ることで、木の質感が活きるエリアに。ライトの使い方やディスプレイなど、見習いたいポイントがいっぱいです。


■さまざまなウッディトーンを味わえる空間

撮影:homealさん
撮影:homealさん


室内で心に刻まれるワンシーンを作り上げているhomealさん。住まいの中でさまざまなウッディトーンが使われており、心を穏やかにしてくれる効果が抜群です。選りすぐりの上質な家具をバランス良く配置し、動線はスムーズに、光りが美しい空間に。きめ細やかなセンスとこだわりが感じられるスタイリングです。



大人のためのシンプルインテリア

いつの時代も変わらぬ人気を誇るシンプルインテリアですが、家具の配置のバランスや色彩の取り入れ方など、センスが問われるスタイルです。無駄な装飾をそぎ落とし、スッキリと整えられた空間はまさに大人が過ごすための場所。ここではシンプルなラインで大人の雰囲気を保つ、ユーザーさんの住まいをご紹介します。


■光りが描き出す大人の住まい

撮影:cgs_sarahさん
撮影:cgs_sarahさん


シックなモノトーンをバランス良く使い、落ち着きのある室内にまとめているcgs_sarahさん。差し込む淡い光が美しいシーンを描いています。こだわりが感じられるアイテムを配置し、シャープなガラス素材に合うファブリックアイテムの選び方など、随所に見られる高度なテクニックで大人の住まいが完成しています。


■厳選したものだけを置いて開放感を

撮影:181081さん
撮影:181081さん


一人暮らしをされている181081さんは、配置するものを少なく、使う色を厳選したシンプルなスタイルに仕上げています。ボリューム感のあるベッド周りは足元をスッキリさせ、開放感のある印象に。余白を感じさせるディスプレイで、ミニマルさの中にオリジナリティを感じさせ、エアリーな雰囲気を作り上げています。


■大人のモノトーンが感じられる住まいに

撮影:acco_t1228さん
撮影:acco_t1228さん


acco_t1228さんはキッチンからダイニングのエリアを、洗練されたモノトーンカラーでまとめています。主張の強いブラックカラーを適所に使うことで、室内に満ちているのはメリハリのある美しいコントラスト。ライトの配置バランスやフォトフレームの飾り方など、類まれな大人のセンスを感じる住まいです。



大人のアクセントカラー

カラーリングは、お部屋の雰囲気を決定づける大切なポイントに。中でもアクセントカラーをどう使うかで印象が大きく変化します。上品でシックな大人の住まいづくりに欠かせない、カラーリングのヒントを、ここでご紹介するユーザーさんから学んでみませんか?どの実例も色彩を見事に使いこなしているものばかりです。


■北欧スタイルに印象的な赤を加えて

撮影:tomoskuchenさん
撮影:tomoskuchenさん


大人の北欧スタイルで、ダイニングをまとめているtomoskuchenさん。美しいフォルムで個性豊かな照明が映えるよう、壁にはダークな色彩をチョイスされています。その壁の色合いに映える赤をアクセントカラーに使い、美しいトータルバランスに。印象的なカラーリングを堪能できる住まいとなっています。


■モノトーンに優し気な差し色を

撮影:cocco0201さん
撮影:cocco0201さん


柔らかな印象のモノトーンを使い、室内の一画をおだやかで優しい印象に仕上げているcocco0201さん。あたたか味のある絶妙な色合いを差し色にチョイスされています。ひとつひとつ選んだカラーが存在感を保ちつつ、お互いがしっくりとフィット。それぞれの素材感が活かされたワンコーナーとなっています。


■大胆なデザインがとけ込むスタイリング

撮影:yuppyさん
撮影:yuppyさん


印象的な深いブルーのソファ周りに、アクセントに赤、そして大胆なデザインをポイントに使われているyuppyさん。存在感抜群のスタンドライトは、ご自身でマリメッコのファブリックを貼ったものだそう。ナチュラル感も加わってオリジナルな統一感のあふれる場所に。心地良さと新鮮さが同居しているスタイリングです。


■照明がより洗練された印象に

撮影:a-koさん
撮影:a-koさん


a-koさんはキッチンダイニングのエリアを、スタイリッシュ感あふれるホワイトカラーをベースに、シックなモノトーンでまとめています。使用されている個性豊かな照明は、トム・ディクソンの「COPPER」だそう。丸みのあるデザインとシャープなコッパーカラーが、室内をより洗練された印象に仕上げています。

数多くのものよりも、厳選した上質なアイテムを。そんな気分になってきたら、インテリアも大人の暮らしにぴったりなスタイルにしてみませんか?ここでご紹介したユーザーさんのセンスが活きた実例から、コーディネートのヒントをもらってくださいね。



執筆:keitha

関連記事

今、あなたにオススメ