憧れのアメリカンヴィンテージ♡インテリア実例10選

どんな時代にもフィットするアメリカンヴィンテージインテリア。上質な素材を使用しながらも、どこかラフさを感じさせる大人の余裕や遊び心が何と言っても魅力です。今回はそんなアメリカンヴィンテージスタイルの実例をリビング・キッチン・壁面の3箇所に分けてご紹介します。お好みのテイストをぜひ見つけてくださいね!



目次 [開く]

リビング×アメリカンヴィンテージ

まずはリビングから見ていきましょう。ユーザーさんたちはどのような家具や小物をセレクトして、アメリカンヴィンテージスタイルに仕上げているのでしょうか。垢抜けた空間を作り出す、そのコーディネート術に注目です。アイテムや素材によって全く違った印象になるので、そのような点も参考にしてみてください♪


■自然の心地良さと開放感を楽しむ

撮影:buhi-houseさん
撮影:buhi-houseさん


木の温もりに包まれたbuhi-houseさんのお部屋は、海が見えるロケーションとウッドデッキの相乗効果でリゾートのように開放的です♪こなれた雰囲気を醸し出すTRUCK FURNITUREのソファは細めの脚で抜け感があり、ガラステーブルで軽やかさも演出。アメリカン雑貨を飾ることで遊び心も効いています。


■個性が溶け合ったレトロな空間

撮影:miyu63さん
撮影:miyu63さん


こちらは、レトロな雰囲気の中に上品さも漂うmiyu63さんのリビング♡風格のあるACME Furnitureのソファとガラステーブルの組み合わせが絶妙で、アート・クッション・ヴィンテージラグの落ち着いた配色が一体感を生んでいます。家具や小物一つひとつの個性が、見事に融合しているコーディネートです。


■心豊かに過ごせるカリフォルニアテイスト

撮影:KTさん
撮影:KTさん


ふんだんに取り入れられたグリーンが華を添え、思わず深呼吸したくなるKTさんのリビング。床や家具の木の風合いが温かく、ミッドセンチュリーテイストの壁掛け時計や照明によって西海岸を思わせる空間に仕上がっています。ユニークなデザインがスパイスを効かせつつ自然に調和した、大人のカリフォルニアスタイルです♪


■気品が漂うヴィンテージスタイル

撮影:Taraさん
撮影:Taraさん


Taraさんのお部屋は映画のワンシーンのよう。真鍮とアイアンで作られた50sのテーブルがレトロかつインダストリアルな雰囲気を放ち、窓枠を囲うモールディングとストライプのロールカーテンは上品でクラシックな印象です。それぞれの個性が巧みなバランスによって融合され、洗練されたミッドセンチュリースタイルに♡



キッチン×アメリカンヴィンテージ

続いてはキッチンのインテリア実例です。ご紹介するユーザーさんたちのキッチンには「サブウェイタイル」の壁という共通点があります。1900年代からNYの地下鉄で採用されており、アメリカではおなじみのアイテムです。そんなサブウェイタイルを使用した、それぞれのヴィンテージスタイルを覗いていきましょう♡


■アンティーク×サブウェイタイル

撮影:margoandcoさん
撮影:margoandcoさん


margoandcoさんのキッチンは食器棚がアンティークな雰囲気で、ネイビーのクロスによってその木目の美しさが一層引き立っています♡サブウェイタイルとの相性も抜群で、バランスの良いおしゃれな配色。吊り下げられたドライフラワーが優しい印象を与え、シンプルなペンダントライトがレトロ感を演出しています。


■レトロポップ×サブウェイタイル

撮影:nyancousagiさん
撮影:nyancousagiさん


ヴィンテージサインやライトアップサインの装飾がまさにアメリカンで、見ただけでワクワクするnyancousagiさんのキッチン♪白で統一された棚・チェア・サブウェイタイルが爽やかで開放感があり、ペンダントライトもダイナーを連想させます。ファイヤーキングのジェダイカラーが際立つ秀逸なコーディネートです。


■ナチュラル×サブウェイタイル

撮影:tsurumaky63622さん
撮影:tsurumaky63622さん


tsurumaky63622さんのキッチンは、木の温かみをたっぷりと感じられる空間にサブウェイタイルの清涼感が調和しています。またウッドタイルが高級感をさらに高め、こなれた雰囲気に。ARTWORKSTUDIOのガラス製ペンダントライトが抜け感を与え、ソケットの真鍮が上品なアクセントになっています。



壁面×アメリカンヴィンテージ

最後に壁面インテリアをご紹介します。ノスタルジックなアイテムを使ったディスプレイで、オリジナリティ溢れるレトロ空間をデザインしましょう。そうすることによってアメリカンヴィンテージの雰囲気がぐっと高まります。ユーザーさんたちそれぞれのセンスが光るディスプレイ方法を、ぜひ参考にしてみてくださいね♪


■レトロ調の壁に古材の棚を

撮影:minimal_lifeさん
撮影:minimal_lifeさん


minimal_lifeさんのお部屋には、レトロなデザインのクロスを背景に可動棚が設置されています。こちらはデスクやディスプレイ棚などとして作られたそう。古材や雑貨がレトロ感をアップさせ、インダストリアルなバーの黒が空間を引き締めています。柔らかな色味で構成された優しいブルックリンスタイルです♪


■古道具がインテリアに

撮影:megu_xxxさん
撮影:megu_xxxさん


アメリカで生活されているmegu_xxxさんのお部屋には、味わい深いグッズがお店のようにディスプレイされています。ヴィンテージ好きにはたまらない空間ですね!木・レザー・スチールといった異なる素材がセンス良くレイアウトされています。このように古道具の個性を存分に活かすことで、こなれ感のある雰囲気に。


■バランスの良い配置で大人っぽく

撮影:tmrkzakさん
撮影:tmrkzakさん


tmrkzakさんはお部屋にウォールシェルフを取り付けられました。室内窓からこぼれる柔らかな灯りが、ディスプレイの雰囲気を盛り立てています。ナチュラルなウッドにカメラや雑貨、グリーンが絶妙なバランスで飾られ、大人のヴィンテージスタイルに♡大きなユーカリの木が、落ち着きのある空間に彩りを添えています。

アメリカンヴィンテージと一口に言っても、さまざまなテイストがあります。ぜひお好みのデザインや時代を感じる風合いを楽しみながら、伸び伸びと過ごせるノスタルジックな空間に仕上げてみてくださいね!



執筆:mash

関連記事

今、あなたにオススメ