家事の時短はおまかせ☆ロボット掃除機をフル活用するアイディア

床掃除の強い味方といえば、ロボット掃除機です。ほこりを自動で吸い込んだり拭き掃除をしてくれたりと、高機能で便利なロボット掃除機は、少しの工夫でもっと活用できます。ユーザーさんの実例から、ロボット掃除機をかけやすくする、さまざまな工夫を集めました♪



目次

床をフラットに

お掃除ロボットをフル活用するためには、なんといっても床面のフラットさが大切です。お家の中の段差を解消して、お掃除ロボットがすみずみまで活動できる空間を作りましょう☆


■めくれにくいキッチンマット

撮影:misacoさん
撮影:misacoさん


床拭きロボットのために、ユーザーさんはキッチンマットを見直されたそうです。フローリング掃除の強い味方であるブラーバが、キッチンマットにつまづかないよう、めくれにくくお掃除のしやすいマットにされています。汚れやすい場所こそ、なるべくフラットにすることで、お掃除ロボットの力を最大限に活用できますね!


■ブラーバも登れるデザイン性

撮影:mizo10さん
撮影:mizo10さん


ユーザーさんのお宅では、ロボット掃除機もらくらく登れるテレビボードを選択されたそうですよ♪ ホワイトのテレビボードの下部は傾斜がついていて、ブラーバがすみずみまでお掃除しやすいデザインになっているのです。わざわざ移動させたりする手間もなく、お掃除時間の時短に繋がります。


■敷居の段差をなくして

撮影:yukichiさん
撮影:yukichiさん


うちには段差があるからと、お掃除ロボットを諦めていた方は、ユーザーさんの実例を参考にしてみてはいかがでしょうか。敷居と床の段差を、介護用の段差解消クッションでフラットにされています。足をぶつけたりする危険も解消できてお掃除も簡単になる、一石二鳥のアイディアです。



障害物をなくす

床に障害物があると、ロボット掃除機が止まってしまったりお掃除残しがあったりと、思わぬところで家事時間が増えてしまうことがあります。お掃除の時短を叶えるためにも、ロボット掃除機の進行を妨げる障害物をなくして、快適な空間をゲットしましょう!


■コードをクリップでまとめて

撮影:takubonchanさん
撮影:takubonchanさん


床に物を置かないように気を付けていても、コード類は見落としがちです。ユーザーさんはルンバがコードを巻き込んでしまうのを防ぐために、セリアのコードを留めるクリップを扇風機に取り付けています。ルンバの稼働前にコードをまとめておけば、見た目もほこりもすっきりしますね☆


■ゴミ箱を浮かせて

撮影:brown-whiteさん
撮影:brown-whiteさん


床に物を置かないために、ゴミ箱まで浮かせているのは、こちらのユーザーさんです。ブラーバの動線を妨げないようにと考えて、壁に設置できるゴミ箱を購入されたそうですよ。いちいち動かさなくてもいいので、いつでもお掃除ロボットを稼働できフローリングを綺麗に保てます。ぜひ、参考にしたいアイディアです!


■カーテンはまとめておく

撮影:nezumiさん
撮影:nezumiさん


お掃除ロボットの進行を妨げないよう、お掃除タイムはカーテンをまとまています♪ ユーザーさんは冷気対策で取り付けたカーテンをぐるりと巻いて、ルンバが動きやすいようにされているんです。お掃除前のほんのひと手間が、快適な空間づくりのポイントですね。



動かしやすく入りやすく

大きな家具や植木鉢の下、さらには椅子の脚にはほこりが付着しやすいところです。そんなときには、ユーザーさんのアイディアを参考にしてみてください。役立つアイディアを取り入れれば、ロボット掃除機ライフをもっともっと楽しめますよ♪


■植木鉢を台にのせる

撮影:taro..nupiさん
撮影:taro..nupiさん


大きな植木鉢は、お掃除のたびに動かすのは一苦労です。そんなときには、ユーザーさんの実例を参考に、動かしやすいキャスター付きの台を利用しましょう☆ロボット掃除機を使うときにもらくらく移動ができるので、植木鉢の下にほこりがたまるのを防げます。


■椅子を上げる習慣づけ

撮影:tokoさん
撮影:tokoさん


畳のお部屋でも活躍するロボット掃除機は、毎日の習慣でもっとフル活用できますよ♪ ユーザーさんのお宅では、お子さんが机の上に椅子をあげてから登校する習慣がついているそうです。ご家族で習慣づけることで、すっきりしたお部屋がつくられています。いますぐマネしたいライフスタイルです。


■ソファの脚を高くして

撮影:JunMooさん
撮影:JunMooさん


家具の下はほこりがたまりやすく、かつ手が届きにくい場所です。そんな家具の下こそ、ロボット掃除機にお任せしましょう。ユーザーさんはソファの下にルンバが潜りこめるようにと、ソファの脚を高くされたそうです。ルンバにお掃除をお任せている間に他のことができるので、時間を有効活用できます。


■壁付けのテレビボード

撮影:Y.Uniさん
撮影:Y.Uniさん


こちらのユーザーさんは、家づくりの段階からお掃除のしやすいテレビボードをと考えられていたそうです。壁付けの造作のテレビボードは、床につかないぶんロボット掃除機が自由に行き来できます。あたたかみのあるフローリングを、いつもキレイに保てますね♪

ロボット掃除機をフル活用するアイディアをご紹介しました。ロボット掃除機がかけやすくなるよう、みなさん工夫を凝らしています。お掃除の時短を叶えて、充実した時間をお過ごしくださいね♪



執筆:nanahati

関連記事